カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

羊ラベルのチョコレートスタウト Young's Double Chocolate Stout (Wells & Youngs)

Young's Double Chocolate Stout

さて今宵の一本は、
YoungsDoubleChocolateStout000.jpg
イングランドから、Young's Double Chocolate Stout です。

YoungsDoubleChocolateStout001.jpg
羊のツノをデザインしたロゴがなかなか素敵です。イングランドのビールは、ボトルの形状に各ブランドの個性があって、面白いです。

実はブログを開始した2年前、つまりビールの世界にまだ全然目覚めていなかった、ただの無知なガブ飲み野郎だった頃に、このビールはカナダで一度飲んでいます。チョコレートスタウトなるジャンルのビールを飲んだのは、その時が人生で初めてでした。その時も、写真は撮って記事も書き始めたのですが、なんだか上手く言葉に出来ずお蔵入りした経緯があります。

YoungsDoubleChocolateStout002.jpg
アルコール度数5.2%の漆黒エール。香りは甘いチョコレートとヴァニラが混じったような深みのある香り。口当たりは、やはり甘めで、炭酸は非常に細かくソフト。ボトルに書いてあった文句の通り、シルキーな感触の古ミディアムボディ。苦味も全体の甘みとボディの感じで上手にまとまったコクに仕上がっていて、クセもなく良いところでバランスのとれた美味しいビールだと思います。

0 コメント

コメント大歓迎です