カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

褐色の小江戸 Kyara (COEDO Brewery)

Coedo Kyara

さて今宵は
CoedoKyara000.jpg
小江戸の Kyara (伽羅)です。

CoedoKyara001.jpg
小江戸はその名の通り、小江戸と言われる埼玉県川越市を拠点とするブリュワリー。このビールはどうやらスタイルとしてはVienna Lagerと呼ばれる茶褐色、赤銅色をしたラガービールの模様。

CoedoKyara002.jpg
アルコール度数5.5%の深い琥珀色のビール。香りはサワーブレッドのような香りに、ブラウンシュガーのようなほんのりキャラメルっぽさも混じる。ボディはミディアムライトで、キレのある苦味が特徴か。アルコール度数の割りには、そのアルコールのキレがボディを軽く感じさせるようなところもあって、軽めのビターのように良い感じに喉を通ります。とにかく爽やかなキレのあるボディと苦味と後味のドライな感じが素敵なビールです。

0 コメント

コメント大歓迎です