カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

銀河高原のピルスナー ピルスナー (銀河高原ビール)

ピルスナー

さて今宵の一本は
GingaKogenPilsner000.jpg
サークルKサンクス限定販売の銀河高原ビールの ピルスナー です。

GingaKogenPilsner001.jpg
ピルスナーといえばチェコなので、ザーツホップというのはチェコのホップでしょうか。

GingaKogenPilsner002.jpg
アルコール度数5.0%の無濾過で濁りの入った金色ピルスナー。香りは、どことなく鼻を包むフルーティな香り。おぉピルスナーなのにこうきたか!これは銀河高原ビールだよなぁって感じです。口当たりもまさに銀河高原ビールがピルスナー造るとこう来るのか!という、爽やかで芳醇、軽い酸味と香りで、所謂キレキレのピルスナーのビターな感触やクリアなキレではなく、小麦のビールの銀河高原ブランドというのを感じる味わいです。クリアで軽い苦味のピルスナーも好きだけど、こういう優しい当たりのピルスナーもアリだなぁと思いました。

0 コメント

コメント大歓迎です