カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

すみだ水族館に行く

すみだ水族館

ちょいと前の事ですが、6歳児と二人で行って参りました!
20121027_000.jpg
どど〜ん!!東京スカイツリー!いやぁでかい。遠くから見ていてもデカっ!って思っていたけど、真下に来てみると本当にデカイわぁ。

しかしこの日の目的はスカイツリーではなく、コチラ。
20121027_001.jpg
すみだ水族館です!スカイツリー開業直前にテレビでやっていたすみだ水族館のメイキングを追ったドキュメント番組を見てからというもの、ずーっと行きたい行きたいとセガマれていたのですが、ようやくやって参りました。

まずは侵入してみると…
20121027_005.jpg
マツカサウオとか、

水族館といえばの
20121027_013.jpg
ミズクラゲとか、小魚や珍しいサカナの小さな水槽が続き、東京湾のサカナとしてこんなサカナも出迎えてくれました。

20121027_002.jpg
チチブですね。チチブ。通称、ダボハゼというやつです。水族館で飼われているとは、ダボハゼ界でもなかなかハイソサエティなヤツですな(笑)。でも愛嬌のある顔で嫌いじゃないです。

で、2階建ての水族館をぶちぬいている目玉水槽がコチラ。
20121027_003.jpg
色とりどりのサカナが入った大水槽です。

この大水槽の主が、ドキュメンタリー番組でもやっていた、彼です。
20121027_004.jpg
ごっつい歯とサメらしい美しいフォルムのシロワニ君。尖った顔とスラっとしたヒレが綺麗です。

こちらはコクテンフグ。
20121027_007.jpg
6歳児が事前に図鑑で調べておいたらしく、あっ!コクテンフグ!コクテンフグ!と大騒ぎ。最近ずーっと図鑑を眺めているので、お父さんよりもサカナに詳しくなっています。

20121027_006.jpg
こちらはハタタテハゼ。可愛いですなぁ。

これも水族館の定番水槽ですね。
20121027_008.jpg
チンアナゴとニシキアナゴです。

20121027_009.jpg
ネムリブカとネコザメのツーショットです。

20121027_010.jpg
ドーン!ハタのどアップ。

20121027_011.jpg
同じ水槽にいた、ナポレオンフィッシュ。チョコンと生えた2本の歯が、チャーミングポイントですね。

20121027_012.jpg
東京湾のサカナシリーズの水槽では、黒メバルとハオコゼです。ハオコゼは毒棘があるから絶対に触っちゃダメだよ!と、6歳児に教育を施します。

実はこの他にペンギンとオットセイの大水槽があったのですが、魚類にしか興味のない親子はソチラの水槽の写真を撮り忘れました(笑)。

実は想像していたよりも小さい水族館で、かっちょいい大型回遊魚とかもあまりいなくてお父さん的には今ひとつだったのですが、6歳児は大満足だったようで良かった良かった。

2 コメント

gyogyojin  

お子さんが大満足でよかったですね
それにしても
ハタの眼力
思わずごめんなさいと言っちゃいそう(笑)

2012/11/05 (Mon) 23:27 | 返信 |   

ワキ  

gyogyojin さん

マダラハタ、悪そうな顔がたまりませんよね~

2012/11/11 (Sun) 13:52 | 編集 | 返信 |   

コメント大歓迎です