カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

オンタリオにドイツ村? Neustadt Lager (Neustadt Springs Brewery)

Neustadt Lager

Neustadt000.jpg
今日のビールはNeustadt Springs BreweryのNeustadt Lager。トロントから北西に3時間くらいいったところにあるNeustadtという小さな田舎町にある醸造所のようだ。Neustadtとは見るからにドイツ風の名前だが、この町の北にはなんとHanover(ハノーヴァー)なる街まである。どうやらこの地域はドイツ移民の多い地方のようである。Neustadtのwebをみてみるとカナダでもっともかわいらしい町のひとつと謳っている。どうやらドイツ風町並みのプリティリトルタウンのようだ。

そういえば故郷、千葉にも東京ドイツ村ってのがあったな。千葉のなかでも千葉度の非常に高い袖ヶ浦市にあるくせに「東京ドイツ村」とは如何に?東京ディズニーランドに習ったのだろうが、ここら辺で背伸びしちゃうあたりが千葉県民としてちょっと恥ずかしいです。

Neustadt001.jpg
アルコール度数5.0%、若干濃い目の黄金カラーのボディに白い泡の頭のラガービール。甘いビスケットのようなモルトの風味がする。飲み口は、ミディアムからライトなボディに程よい炭酸と口に広がる苦味でドライな後味。これはいわゆる日本人が想像するラガービールに近い口当たりではないだろうか。平均的なラガービールと言ってしまえばそれまでなんだろうけど、こういうの落ち着くわ。

Neustadt002.jpg
おつまみは嫁が近所の嫁友さんから頂いてきた黒胡麻おかき。おかき美味しいよ。おかき。

ちょっとHomepageでブリュワリーの歴史をチェックしてみたので書いておきます。
・1857年にHenry Huetherがこの村にやってきて湧き水の場所にドイツから石材を輸入して醸造所を設立。Crystal Springs Breweryという名だったようだ。
・1859年に火事で燃えたけど、地元の村人がビールと引き換えに石材を持ってきてくれたのてすぐに建て直した。
・22,000平方フィートの建物は基本的には1869年当時のままである。
・57年間もこの醸造所は地域のニーズを支え続けたが、1916年に地域の人口減などのため閉鎖。以来この建物は乳製品製造所や集会所やダンスホールなどに利用されてきた。
・1972年建物自体も遂に閉鎖…だがしかし、1997年12月『Neustadt Springs Brewery』として再オープン!昔の建物をリノベーションして使っています。

このドイツ系地帯、かなり気になるのだけれどトロントから片道3時間弱くらいかかりそうなのでちょっと行く機会ないかな。暇ができたら是非一度行って見たいとは思うけれども。

ocb.jpg
Neustadt Springs Brewery はOntarioCraftBrewersのひとつ。

0 コメント

コメント大歓迎です