カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

甘めボック Maibock (Gordon Biersch)

Maibock

さて、今宵の一本は…
GordonBierschMaibock000.jpg
GordonBiersch から Maibock です。

GordonBierschMaibock001.jpg
MaibockとはMai(May=5月)のボックという意味らしいです。

GordonBierschMaibock002.jpg
アルコール度数7.3%の琥珀色のボック。香りはモルティで、深く家具と醤油蔵みたいな何とも言えない芳香。飲んでみるとボディは太めのミディアムといったところか。そしてどことなくタル〜ンと甘く、アルコールがどっしりと胃に来る感じ。これはボックのアルコールのキレとパンチというよりは、インペリアルラガーの少しぼったりした重さのソレではないか?という感じ。後味も甘みと苦味が口内にしばらく残ります。Wikiで見てみたら、どうやらラガーとボックのアルコール度数まで強めるよう醸造したものとのことなので、あながちこの感想は間違っていないのかも。


0 コメント

コメント大歓迎です