カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

超軽ハイネケン Heineken Light (Heineken)

Heineken Light

さて、今宵の一本は…
HeinekenLight000.jpg
世界の Heineken から。Heineken Light です。

HeinekenLight001.jpg
Heineken Light というと、特徴的な形のボトルで展開していたはずですが、これはオーソドックスな細瓶タイプ。緑色が爽やかな感じを誘います。

HeinekenLight002.jpg
アルコール度数3.3%の薄金色ラガー。 香りも味わいもハイネケン。あのどこにでも手に入る量販ラガーのなかでも、ちょっとユーロピルスナーのなんともいえない草っぽいアロマホップの香りに、そこはかとなく甘ったるいボディ。それが細く、ライトになって、ガッブガブ飲めちゃう設定になってのがコレです。もっとこうなんかよく出来たミネラルウォーターっぽうボトルのヤツもあったと思うのですが、私が中華スーパーでゲットしたのはオーソドックスなユーロラガーチックな細瓶でした。うーん、軽い。

0 コメント

コメント大歓迎です