カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

モントレーへ! その3 モントレーベイ水族館

モントレーへ! その3 モントレーベイ水族館

さぁやって参りました!モントレーベイ水族館です!
20130817_200.jpg
前々から一度来てみたかったこの水族館。6歳児も大いにはしゃいでおります。この水族館はさすがに人気の水族館だけあって、チケット売り場には長蛇の列が絶えません。事前にその情報を入手ていた嫁が、オンラインでチケットを購入していたので、我が家は並ばずにすっと入ることが出来ました。オンラインでの事前購入、オススメです。

さぁ!魚!魚!
20130817_201.jpg
こちらイワシ!カタクチイワシですね。アンチョビーです。サーディン(真イワシ)ではありません。キラキラです。これ、いい餌になるんですよねぇ。まだこちらでアンチョビーの群れに出会ったことはないのですが、季節になるとサンタ・クルーズのワーフに回ってきたりするみたいです。

こちらは根魚ですね。
20130817_202.jpg
ケルプバスです。文字通り、ケルプの生えている場所に生息する魚ですね。美味しそうだ。

おっ、これはサーフパーチ。
20130817_203.jpg
Stripe surfperch ですね。このサイズのパーチ釣りたいなぁ。やっぱサーフに繰りだそうかなぁ。

おっ、おなじみのシャーク発見!
20130817_204.jpg
家の近所で何回か釣っているレオパルドシャークです。このサイズはいいなぁ。メーター級のヤツ釣ってみたいかも。たぶん夜釣りすれば良いサイズが釣れると思うのですが、アメリカで単独夜釣りはちょっと怖いかなぁ。変な人、やっぱりいるしね。

この日は、6歳児も両親のお下がりでもらったMyデジカメをもって写真撮影に夢中です。
20130817_205.jpg
動きの遅い根魚は、被写体としては簡単で良いですよね(笑)。

このテンスとコブダイが合体したような派手な魚は!?
20130817_206.jpg
カリフォルニアシープヘッド という魚です。

こちらの細いベラのような魚は…
20130817_207.jpg
カリフォルニアの沿岸に生息する、セニョリータという名前の魚です。セニョリータ♪、良い名前ですね。

これ、魚が写っているのですが、分かりますか?
20130817_208.jpg
こちらもカリフォルニア沿岸に生息する魚で、ジャイアントケルプフィッシュという魚です。どこから見てもケルプに一体化しているのですが、擬態でしょうか。

こちらは水族館の定番、ジェリーフィッシュ(くらげ)。
20130817_209.jpg
個人的には、どの水族館もくらげコーナーと設けてくらげをフィーチャーしているのは、いまいち訳がわからないオジさんです。くらげは、チクリと人を刺したりするし、気持ち悪いし、なんか良いイメージがないんですよね。汚い湾奥の淀んだ海面にも沢山浮いてるし…。みんなくらげみて面白いのかなぁ…。

この水族館にはタツノオトシゴ展示コーナーもありました。
20130817_210.jpg
こちらは、ドワーフシーホース。とにかく小さいのです。カワイイです。何でもそうですが、ただ小さいだけでカワイサって倍増するのはなんででしょう。

こちらは擬態の上手なリーフィーシードラゴンですね。
20130817_211.jpg
リーフィーシードラゴンは、カリフォルニアではなくオーストラリアに分布するようです。

海洋(外洋)コーナーの水槽には、いました、いました。ツナです。
20130817_212.jpg
クロマグロですね。同じ水槽には、キハダやハガツオ、シュモクザメなんかもいました。やっぱり外洋系フィッシュの水槽は興奮しますね。ただ思ったのですが、太平洋系外洋魚の品揃えは、日本の各水族館が一番ステキかもしれません。アジ科のアジ・ブリ・カンパチから、サバ科のサバ、カツオ、マグロまで。そんなに沢山外国の水族館をみたわけではないのですが、海洋魚の種類の充実度では、日本の水族館が一番な気がしています。

そんな外洋系水槽のまで、ほわ〜っと見とれる6歳児。
20130817_213.jpg
改めて後ろ姿を写真でみると、大きくなったなぁ…6歳児。。感慨深いです。

この水族館、素敵な水族館だったのですが、モントレー湾の環境を紹介するという目的で作られているようで、淡水魚のセレクション等が少なかったですね。アメリカの淡水魚とかいっぱい見たかったのですが、こちらはシカゴの水族館のほうが充実でした(記事) (記事)。

あとショーもないです。イルカも鯨もシャチもいません。ショーをみるなら、やっぱり鴨川シーワールドか、八景島シーパラダイスですね!

それとオーディトリアムで、水族館研究員の人による様々な取り組みに関する講義を聴講できます。学校の課外授業みたいなやつです。コレが結構おもしろくて、6歳児と一緒に3本も聴講してしまいました。

日本で一般的な大規模水族館とはちょっと傾向が違いますが、そういうのを差し引いても、やっぱり良く出来た水族館です。海の生き物触ってみようコーナーみたいな、モントレーの自然 x 自然体験 x 自然保護啓発みたいな目的に根付いた、いい水族館だと思います。海獣類とかみたければ、水族館の外でみれますしね。鯨も船で少しでれば見れるみたいですし。すごいな、カリフォルニアの大自然。

0 コメント

コメント大歓迎です