カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

1988と言えば… Class Of '88 Barley Wine (Deschutes Brewery)

Class Of '88 Barley Wine

さて今日の一本は…
ClassOf88BarleyWine000.jpg
先日(記事)に続きDeschutes Brewery から、 Class Of '88 Barley Wine です。

いつのころからそう思い始めたのか忘れてしまったのですが、私個人の感覚では Barley Wine とbock と winter ale は冬の訪れを感じさせてくれるビールという位置付けです。
ClassOf88BarleyWine001.jpg
ちなみに Class Of '88 という名前ですが、1988はこのブリュワリーが誕生した年とのことです。1988年…、武道館にKISSを観に行ったり、NHKホールにDokkenを観に行ったのはあの年だったか…。

ClassOf88BarleyWine002.jpg
アルコール度数10.2%の金色エール。香りは甘くてもわぁと香ります。モルティなのですが、意外とホップの爽やかシトラスな香りもまじります。ボディはさすがのフルボディなのですが、意外と飲みやすいというか、爽やかです。アルコールの刺激は後味できますが、ボディがまろやかなのでそれほど押し出してきません。バーレーワイン自体が久しぶりなのでこんなだったか…という感じではあるのですが、最初飲んだ時は、おっなかなか美味いインペリアルIPAだな!と思いました。IPAというか、ダブルのペールエールという感じかな。美味しいです。でもバーレーワインって、個人的にはもっと重くて、茶褐色系の色合いが強く、ダークフルーツのリキュールかのような味わいという記憶なんですよね。それとは少し違うタイプという印象です。うーむむ。

0 コメント

コメント大歓迎です