カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

オンタリオ湖畔からリターンズ その12 クリスマスディナー

オンタリオ湖畔からリターンズ その12 クリスマス・ディナー

うーん、かなりどうでも良い記事なのではありますが、なんだか今回の旅の記錄をココまで記錄しておきながら、これを飛ばすのもナニなので、ここはしっかりとクリスマスの夜のディナーの様子も書いておくことにしましょう。

クリスマスは日本における元旦と同じくらい、お店関係の機能は停止します。そんなこんなで、お昼ごはんもファストフードで済ませましたというのは前回の記事の通り(記事)ですが、さすがにディナーはちゃんとしたところでしっかり食べようねということで、前日にホテルのコンシェルジュに「クリスマスの夜で、キッズもOKで今から予約できるレストランないかな?」と相談して予約しておいたレストランへ。

食事自体は、普通にレストランのディナーという感じだったので、ちゃきちゃき写真を眺めながら先に進みましょう。

まずはビール、ビール!こちらはハニーラガーです。このハニーのビールは、ここでしか飲めない一品で以前から気になっていたのですが、うーむ。意外と普通。そしてグラスというかジョッキが、ギネスのジョッキだったあたりが、なんとも言えない微妙な感じ…。

昨日ガッツリお肉を食べていたので、この日はなんか適当なオツマミメニュー。

クラブハウスサンドです。これは、パンがパリサクという食感に焼きあがっており、美味しかったです。

7歳児は、やっぱり Kids Menu にパスタと書いてあると、脊髄反射的にソレを頼んでしまう模様。

ミートソースです。一口もらったけど、ソース美味しかったなあ。そこそこ高級感のあるレストランだと、たまにあるんですよね、キッズメニューが一番美味しいというケース(笑)。

奥にあるのは、サラダ。こちらはモツァレラとレタスにトマト。カプレーゼですね。どうしても旅先で外食が増えると、生野菜の摂取頻度が減ってしまうので、病み上がりの嫁が「肉を食い過ぎた!野菜を食わねば!」と注文。

こちらは…、プーティンですね。お昼にマックのプーティンを食べたのですが、なんかマックのプーティンでプーティンを済ませてしまうのは癪だったので、こちらのレストランでもプーティンを頼んでみました(笑)。

こちら、グレービーソースがなかなかの味わいで美味しかったです。プーティン、最初は「なんだこの食い物は?」と嫌悪していたのですが(記事)、グレービーソースの味わいに慣れてきてしまうと、意外とイケてる食べモノに昇格しますね。

ごちそうさまでした。

0 コメント

コメント大歓迎です