カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

トム・グリーンのミルクスタウト The Tom Green Beer (Beau's All Natural Brewing Company)

The Tom Green Beer

さて、この一本もホリデーシーズンのトロント旅行で飲んだ一本。
TheTomGreenBeer000.jpg
Beau's All Natural Brewing CompanyThe Tom Green Beer です。Beau's All Natural Brewing Company はオタワとモントリオールのちょうど間くらいにある、Vankleek Hill という街にあるブリュワリー。

TheTomGreenBeer001.jpg
ここのビールは、Lug Tread Lagered Ale (記事) (記事) とか、Beaver River IPEh? (記事) が、過去このブログで登場しております。どれも美味しいんですよね。

で、このビールの名前になっている Tom Green という人なのですが、どういう人なのかというと、ブリューマスターとかそういうブリュワリー関係の人では無くてですね、この人、オンタリオ州出身のマルチタレントさんなのですね。ペンブルック(Pembroke)という、オタワからオタワリバー沿いに北西にすすんだところにある街の出身のようです。地図で見る限り、すごい田舎の地方都市です。1990年代に The Tom Green Show というTVショーでカナダで人気になり、1999年にはMTVで取り上げられ米国でも人気に。映画チャーリーズ・エンジェルなどにも出演し、2001年には、5ヶ月で破局しているものの、あのドリュー・バリモアと結婚しているという、超有名人です。

TheTomGreenBeer002.jpg
アルコール度数5.0%の黒ビール。香りはコーヒー、エスプレッソ、それでいて甘い。この甘い香りは、ミルクチョコレートと練乳が混じったかののような感じ。ボディはミディアムで、程よく軽い炭酸で飲みやすいです。甘さの後にバーっとくる酸味の感触が、ダークラガーとは違う感覚で、スタウトだねぇって感じでしょうか。香りの面では、最初から最後まで、このどこかミルクを連想させる甘い香りが支配します。これ、とても芯が通ったビールで、美味しいです。

0 コメント

コメント大歓迎です