カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

Aquarium of the bay

両親が日本に帰国してそろそろ一週間経とうとしていますが、水族館とか動物園とかに行った記事はまだUPしてませんでした。
20140413_000.jpg
ということで、Aquarium of the bay です。何度もフィッシャーマンズワーフには言っているので、行くチャンスは今までなんどもあったのですが、7歳児連れで行くのはこれが初めて。ひと月前くらいにも、ここには来ていたのですが、「今直ぐ水族館に連れて行け!」とダダをこねる7歳児を、爺ちゃん婆ちゃんが来たら皆で一緒に行こうね〜と待たせていたのですね。

おっ、ボッカチオ (Bocaccio)。
20140413_002.jpg
このサカナ格好良いですよね。去年これの稚魚がたくさんサンタ・クルーズで釣れました。稚魚はネンブツダイみたいな感じなんです。

水族館といえば、くらげ。
20140413_001.jpg
子供の頃、房総の海水浴場でくらげに刺されまくったオジさん的には、くらげのナニが楽しいのか全然理解できないのですが、写真映りは良いですよね。

こちら、ウルフイール (Wolf eel)。
20140413_003.jpg
怖い顔してます。日本で言うオオカミウオの仲間ですが、この種はアラスカ〜カリフォルニアにかけてしか生息していない模様。

このスズメダイみたいなのは何だ?
20140413_004.jpg
ブラックスミス(BlackSmith)というサカナみたいです。そのままスズメダイの仲間の模様。

ここの水族館の一番の目玉は、海中トンネルになっている大水槽。
20140413_005.jpg
巨大なストライパーがたくさんいます。他にもカンパチとか、サメとかエイとかもたくさん。あと、ブリがいました。あれ?ブリ?とビックリしました。あれはブリだと思います。これは楽しい。将来は水族館を作るのが夢だという7歳児も大盛り上がりです。

おー、格好良いサメ発見。broadnose sevengill shark と書いてあります。
20140413_006.jpg
調べてみると、エビスザメのことですね。全長3mに達する、なかなかに獰猛なヤツです。

そしてこの海底トンネル大水槽で一番オジさんが感激したサカナがこれ。Giant sea bass 。
20140413_007.jpg
デカイっす。日本でいうところのなんだろう…、イシナギかなと思ったんだけど、すこし骨格と背びれの感じが違う気がする。う~ん、なんだこの巨大な魚は…。といろいろ調べてみたら、やっぱりイシナギでした。コクチイシナギと呼ばれるのが、この種類みたいです。

イシナギ、デカイなぁ。格好いいなぁ。

ここの水族館は観光地仕様というだけあって、派手な魚も多いし、楽しいです。うん、やっぱり水族館楽しいです。

2 コメント

gyogyojin  

水族館
完成したら呼んでくださいね~(笑)

2014/04/28 (Mon) 00:45 | 返信 |   

ワキ  

gyogyojin さん

gyogyojin は説明パネルの水中写真担当で!

2014/04/28 (Mon) 11:01 | 編集 | 返信 |   

コメント大歓迎です