カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

ミュンヘンに飛ぶ その5 街ぶら

ミュンヘンに飛ぶ その5 街ぶら

帰国の日、ホテルをチェックアウトしてから空港に向かうまで、2時間ほど自由にできる時間があったので、ホテルに荷物を預けて、街をぶらぶら。先の記事にも書いたように、まずは釣具屋に向かいました。

そしてその後、お土産を買いに街をぶらつきます。
20140515_100.jpg
初めての西欧でしたが、ミュンヘンの街並みは想像通りのヨーロッパの街並みといった感じ。道は狭く、くねくねしております。

円形に広がる都市の中心地のほうへ歩いて行くと、そこにはショッピング街が。
20140515_101.jpg
歩道の両脇に、ブランドショップやお土産屋さんが並んでおります。そこをテクテクと、ミュンヘンの中心にあるマリエン広場まで歩いていきます。

マリエン広場にそびえるのは、新市庁舎。
20140515_102.jpg
もう絵に描いたような、欧州の都市の中心広場って感じです。観光客がたくさん写真を撮っております。日本人観光客もたくさん。

そこを抜けて更にテクテクとあるいていくと、常設のマーケットっぽい店舗が出店している広場に出ました。
20140515_104.jpg
あ~、観光で来ていたらきっと入り浸っていただろうなぁ。良いなぁ。

中には当然ですが、ビールの屋台みたいなのもあって、昼間っから大ジョッキでビールを酌み交わすオッサン達なんかも。羨ましい。
20140515_105.jpg
白いソーセージに大ジョッキでラガービール。これが我々日本人の持っているステレオタイプのドイツ人像だと思うのです。今回は白ソーセージも食べたし、ビールも飲んだのですが、コレのコンビネーションを実践する機会がなかったのが残念。

その広場の端に、小さなデリ、お肉屋さんが並んでおります。おー、これこれ。サラミやソーセージがたくさん。あ~、食べたい。
20140515_103.jpg
ここではなかなかイカしたデザインのエコバッグをお土産に購入。

これは魚屋ですね。
20140515_106.jpg
グワァと大きな口を開けたアンコウが、いい顔してます。カニやエビ、綺麗なブラウントラウトなんかが陳列されていました。

お土産屋産の陶器のビアジョッキ。派手派手な装飾のビアジョッキのなかに、シンプルなデザインながら、魚の絵が描いてある一品を発見!
20140515_107.jpg
あ~、欲しい。左から、コイ科の魚、ザンダー、ヨーロッパウナギ、ナマズ、そしてパーチかな…。ザンダーの絵のやつが欲しい。ザンダーは北米にいるウォールアイの近縁種。釣ってみたいなぁ。釣ってみたい。あやうく買ってしまうところでしたが、これ結構大きくて、スーツケースの空きスペースに収まらなそうだったので断念。

ほんの1時間くらいの街中散歩でしたが、ミュンヘン良かったです。

0 コメント

コメント大歓迎です