カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

シアトルに行く その2 オーシャンビューでランチ

シアトルに行く その2 オーシャンビューでランチ

シアトルの空港に到着したら、Link light rail という電車に乗って市内に向かいます。市内までは30分以上も走るのですが、片道大人$2.75と、なかなかお安くて素敵です。
Seattle108.jpg
お昼すぎにはホテルに到着。まだ部屋の準備ができていなかったので、とりあえず荷物だけ預かってもらって、ランチを食べに市内に繰り出します。

向かったのは、Pike Place Market。この有名な巨大マーケットに来ることは、今回の目的の一つでした。
Seattle100.jpg
なんとも趣のある建物です。この裏側は崖の斜面になっており、中は横だけではなく、下にも伸びて迷宮のようになっており、小さいマーケットや食堂が並んでおります。

中には、こんな魚屋もあって、これはたまりませぬ。
Seattle101.jpg
サカナは基本的には生鮭を中心に展開していますが、コーホーサーモン(銀鮭)と並べてみると、キングサーモンのデカイことデカイこと。すごいですね、マスノスケ。

マーケットの中にも小さい食堂やレストランはあったのですが、とりあえずウロウロしていたら、海が一望できるパティオ(テラス席)があるオシャレなレストランを発見したので、突撃です。
Seattle102.jpg
この怪しげな通路の先に入り口があり、そのまた先には大変に見晴らしの良いパティオがあるのです。

若干曇り空ですが、湾を一望できます。
Seattle107.jpg
テラス席は子連れには良いですよね。レストラン本体のほうは、そこそこ気取った感じだったので赤子連れだと気が引ける感じでしたが、テラス席だと多少シム子がぐずっても、それほど周りに気を使わなくていいのがイイです。

ということで、さっそく地ビールを一杯。幸せ〜。
Seattle103.jpg
Pike Brewing の Pale Ale です。さすがにまだ到着したばかりなので、パイントグラスでガブガブいくのは止めておきました。おとなしくグラスで(笑)。

クロワッサンのサンドウィッチです。
Seattle104.jpg
ハムとチーズとチキンのサンドです。

そしてこちらは、ムール貝!ワキ家の大好物のムール貝です。
Seattle105.jpg
さすがあんな立派な鮮魚を並べているフィッシュ・マーケットがあるだけあって、この街の海産物は美味しいですね。ムール貝なので、逆側のイーストコースト産のものかもしれませんが、おおぶりでプリプリの貝がコレでもか!という量入っておりました。

いや、実はちょっとオシャレな見た目で観光地にあるレストランなので、観光地価格で観光地クオリティかな…なんて思っていたのですが、美味しかったです。
Seattle106.jpg
特にムール貝は、期待よりも美味しくて量も多くて大満足。このポットで蒸されたムール貝は貝を食べるだけではなく、出たスープにバゲットを浸して食べるのも、美味しいんですよね〜。

ということで、まずはYelpにも何にも頼らず飛び込んだレストランが美味しかったという、幸先の良いスタートでございました。

ごちそうさまでした。

Maximilien Restaurant
81 Pike St
Seattle, WA 98101

2 コメント

なほこ  

おー!!シアトル!
実はシアトル移住したいなーなんて思った事があるんです。
海も、山も、外国(カナダ)も、街も、田舎も、日本食も、なんでも本当にすぐ側にある興味深い場所だと思うんですよねー。
同僚が同じ理由で(子供が2歳になる前にーって。笑)、シアトルに行ったのですが、色々写真を見せてもらったら楽しそうでした-。
これまた美味しそうなお料理♪
幸先の良いスタートになって良かったですね!
このマーケット、私も行ってみたいです!
キッチンのある部屋を借りて、色々調理したいですねー。

2014/05/31 (Sat) 03:00 | 返信 |   

ワキ  

なほこ さん

シアトル良かったですよ。赤子連れなので、あまり動いてませんが、それでも楽しめました。良い街です。

2014/06/01 (Sun) 01:32 | 編集 | 返信 |   

コメント大歓迎です