カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

シアトルに行く その3 マーケット

シアトルに行く その3 マーケット

さて、今回の旅の大きな目標のひとつ、Pike Place Market 探訪です。
Seattle200.jpg
ダウンタウンから海の方にテクテクと歩いて行くと、そこにあるのは、絵に描いたようなマーケット。オープンな広場に展開するようなマーケットではなく、古いアーケードのような建物のなかに小さいブースが並ぶ形式のマーケットです。

観光名所なので、我々のような観光客をはじめとして、お客さんがたくさん。ツアーの団体客もたくさんいました。
Seattle201.jpg
魚屋、肉屋、ベーカリー、乳製品、八百屋。道を挟んだ向かい側も、同じようなマーケットが並び、さらにマーケットは斜面にへばりつくように立てられており、斜面の下に向かって下に2フロア伸びております。地下は、お土産屋や、雑貨屋、床屋なども入っておりました。

Seatle310.jpg
魚屋は鮭を中心に展開しております。スモークサーモンも沢山ありました。

Seatle311.jpg
八百屋も様々な、野菜や果物が並んでおります。良い絵でしょう?ワクワクしますよね。

斜面の下側に抜けると、海岸線に出ます。そこはフィッシャーマンズワーフのような観光地になっております。
Seattle202.jpg
斜面側からの眺めはこんな感じ。NFLシアトルシーホークスの本拠地、センチュリーリンク・フィールド。そしてその奥には、MLB(大リーグ)のシアトル・マリナーズのセーフコ・フィールドが見えますね。

地下にあったペーパーのお店。店内は残念ながら撮影禁止だったので、店内の様子の絵はありませんが、古いポスターや広告や本が並んでおりました。
Seattle203.jpg
レトロ広告やポスター、地図なんかは見ていてとっても楽しいですよね。また、幼児向けの古い古い絵本なんかも売っており、こちらもとても味わい深い一品でした。結局何も買わずにでてきたんですが、大人も楽しめるお店です。

これは雑貨屋のショーウィンドウで発見した一品!
Seattle204.jpg
イチロー様です。現在はニューヨーク・ヤンキースに移ったイチロー様ですが、まだシアトルに残っておりました。そういえば、この週末はマリナーズのホームゲームがあって、岩隈の先発予定でした。時間があったら見に行きたかったのですが、週末だけの弾丸旅行で時間がなく、断念。

マーケットから道を挟んで反対側にも、カフェやデリなどお店が立ち並んでいますが、チーズ屋さんもありました。店に併設された工場で、チーズを作っている様子を見ることが出来ます。
Seattle205.jpg
おー、どでかい桶でチーズを仕込んでおります。

とりあえずチーズ大好き一家なので、なんか試そうと店内に突撃。行列に並ぶことになりましたが、試食もあって楽しいですね。プーティンとかに使う、チーズカード(フレッシュチーズの一種)が美味しかったです。
Seattle206.jpg
ショーケースにはこのお店のブランドのチーズの他に、他のブランドのチーズも並んでおります。中には地物ではなく、サンフランシスコのカウガールクリーマリーのチーズなんかもあるので、ローカルチーズを試したいのに間違って買っちゃわないように要注意ですね(笑)!

マーケットの一角にあるスーパーマーケットではビールを購入。
Seattle207.jpg
シアトル産のビールを2本ほどゲットしました。

このマーケット、楽しいですね。野菜とか、物価の高いカリフォルニアとくらべて別に安くもなく、物によっては少し高かったので、もしかしたら観光地価格かもしれませんが、活気のあるローカルマーケットはとにかく楽しいですよね。

0 コメント

コメント大歓迎です