カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

鍋貼を食す@Dumpling Kitchen

先週のことなのですが、会社の同僚とちょっと遠出してランチに行ってきました。
20140708_000.jpg
向かったのは、このブログには何度か出場している、焼き小龍包の美味しい、一品包饺王 Dumpling Kitchen です。(記事)(記事)

前から、焼き小龍包を食べに行こう!食べに行こう!と言っていたのですが、なかなかタイミングが合わず、ズルズルと延ばし延ばしに。おかげで何だか焼き小龍包の期待値だけあがっていくという…。これでお口に合わなかったら、何を言われれることやら…。変にハードルがあがってしまった…。

週末のお昼は、ローカルピープルで行列ができているこの店ですが、平日はさすがに行列はありませんでした。でもそこそこ人は入っていたかな。

まずは前菜のピータン豆腐。
20140708_001.jpg
ピータン豆腐は、ワキ家では定番の一皿。お店によって豆腐のカットの大きさや、薬味が違っており、なかなか楽しいですね。

野郎4人なので、いつもよりも沢山の種類を注文できちゃうってのは、ワクワクしますね。ここは小籠包も普通に美味しいので…
20140708_002.jpg
海鮮カニカニ系の小籠包!

こちらは、ピリ辛四川風ソースの水餃子。
20140708_003.jpg
小籠包がメニューにあると、ついついそっちに行ってしまって水餃子は日陰に追いやられガチではあるけど、水餃子も良いですよね。実は小籠包よりも飽きずに量を食べられるあたりが、気に入っております。子供と一緒だと、この辛いソース系は頼めないので、こういうチャンスに食べるのであります!

で、やってきました!焼き小籠包!

でもね…、これが出てきた時には、もうみんなお腹いっぱいだったんです。実は…、焼き小龍包は、「鍋貼」と中国語で書いてあるメニューだとは記憶していたのですが、いつもは嫁に全部任せっぱなしのダメ旦那、実際この焼き小龍包が何ていうメニュー名だか知らなかったんです。

でもPan-friedには間違いない!鍋貼だ!鍋貼!!ってことで、鍋貼ってかいてあるダンプリングを頼んだんです。そしたら、なんと!!普通に美味しい焼き餃子が出てきたんですよ…!参った。間違えた…。

他にも春巻きやら、普通の小籠包やら調子に乗って沢山頼んだ後に、あれ?やっぱり間違えて注文しちゃたっか!と、隣のテーブルの焼き小龍包を指さして、あれと同じの欲しいのよ〜とオネーチャンに注文したので、ただでさえも蒸し系に比べると時間のかかる焼き小龍包、さらに時間がかかって、デザートみたいな感じでやってきたというオチです。
20140708_004.jpg
いやぁ、相変わらず美味しいのですが、やっぱりお腹いっぱい(苦笑)。参った、参った。ちなみにこれは上海式の鍋貼とかなんとかいう名前でした。要注意っすな!

Dumpling Kitchen
1935 Taraval St
San Francisco, CA 94116

2 コメント

JPNSFO  

ヽ(^。^)丿

あぁ~すごく美味しそう♪
タラバルですね 近くに行ったら寄ってみます

最近ビール記事が多いから出張かお仕事が忙しいのかな~なんて思っておりました(笑)

2014/07/18 (Fri) 12:41 | 編集 | 返信 |   

ワキ  

JPNSFO さん

忙しいん…です…(涙)
ブログは通勤電車の中で書いたりなので、ストックビール記事フル回転です。

2014/07/18 (Fri) 13:47 | 編集 | 返信 |   

コメント大歓迎です