カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

白紙扇 Blind Tiger (Speakeasy Ales & Lagers)

Blind Tiger

さて、今宵の一本は…
BlindTiger000.jpg
またしても Speakeasy から!新作、Blind Tiger です。

BlindTiger001.jpg
こちらインペリアルIPAとのこと。Blind Tiger という単語は、禁酒法時代におけるモグリの酒場(Speakeasy)の俗称のひとつみたいです。ラベルデザインは、なにやらオリエンタルなモチーフですね。裏側には漢字で「白紙扇」と書いてあります。こちらを調べてみると、どうやら伝統的なチャイニーズ犯罪シンジケートにおける、軍師的な役割の人を指す言葉のようです。

BlindTiger002.jpg
アルコール度数9.8%のオレンジゴールドのインペリアルIPA。香りはオレンジピールとパインが混ざった感じで、すごく好きな感じ。これは期待大…と口に含んでみると…、美味い!しゃーっと弾ける鮮烈ジューシー系のボディに、オレンジのような香りと酸味。どこかパインのように、甘いのだけど後に残らず消えていく甘さ。フィニッシュはドライで、アルコール度数ほぼ10%のインペリアルIPAという分類だけど、これは弾ける本格派ペールエールかセゾンかといった感じ。LagunitasといいSpeakEasyといい…、カリフォルニアは強烈で美味しいアメリカンエールが多いですね!!

0 コメント

コメント大歓迎です