カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

やっぱり出撃

さて、先週も日曜日の朝、家族がまだ起きる前に布団を抜け出し、ごくごくとレッドブルを飲んで、ぶいーんと出撃してきました。
20140907_100.jpg
良い陽気で、ファミリーフィッシングの家族も多くなってきました。この日は風もあまりなく、そして水もあまり動いていない感じ。

7時半に実釣開始。とりあえずいつものパターンでまずは一匹釣りますかぁと、てくてくと釣り場へ。まずはアソコで一匹…と、最初に狙いをつけていたポイントまで来てみると、何でも食べてしまう国のブッコミ釣りのオッチャンに占拠されており、叩けず…。うぅ…、残念。

気を取り直して、次のポイントを叩くも当たりなし。むぅ…これはイカン。簡単にサクッと一匹釣る予定だったのに、嫌な予感。

30分くらいアタリがなくてちょっと焦ったのですが、なんとか一匹。
20140907_101.jpg
この後、同サイズがポツポツと。30cm前後のサイズばかりで、サイズアップはしないけど、釣れるとやっぱり楽しいですね。

この日はちびっ子もイマイチ活性があがらないようで、ポツポツとあたるものの、ココだ!というポイントになかなか辿りつけず。
20140907_102.jpg
水の中にはこんな青々とした藻が。

往路は5匹ほど。復路は、藻や捨て石周りをもう少し大胆に探ろうと、ベイトタックルに持ち替えてリグも変えます。ラバージグは根がかりが多かったのでテキサスで攻めるか…とテキサスをリグろうと思っていたのですが、シンカーのケースを開いた所で「あっ久しぶりにダウンショットやってみたいかも」ということで、ダウンショットに作戦変更。
20140907_103.jpg
復路は、ダウンショットで気になるスポットを狙い撃ちながら戻るも、なかなかバイトがなく、苦戦。まぁそれでも3匹ほど30cm前後の元気なバスを追加して、結局9匹で納竿。

うーん、そろそろサイズが欲しいなぁ。そろそろゴッツイタックル縛りで、ボウス or サイズの男の釣りに転換しようかな。

2 コメント

gyogyojin  

おっ!

男の釣り、いいですね!!!

(僕はやらないですけど(笑))

2014/09/14 (Sun) 09:48 | 返信 |   

ワキ  

gyogyojin 先生

男の釣り!とか言いながら、やっぱりゲイリーヤマモト先生頼みのサイズを選べない釣りしか出来ないようです。

2014/09/15 (Mon) 09:25 | 編集 | 返信 |   

コメント大歓迎です