カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

出撃記録

あぁ、もう週末ですが、先週末の出撃記録です。

日曜日の朝、この日は5時に起床。前夜リビングで晩酌していたら、そのままソファで落ちていたようです。目覚ましもかけていないのにこの時間に起きてしまうなんて、もう体が「日曜日ですよ!家族が起きる前に抜け出さないと釣りできませんよ!良いんですかぁ?良いんですかぁ?」とアラーム鳴らしているとしか思えませんね。
20140914_000.jpg
ということで、6時前に家を出て7時前には釣り場に到着!日の出が6時半過ぎなので、朝焼けがこんな感じです。

さて、この日は水位が低くてとっても浅くなっておりました。これは日が上りきる前に、浅瀬に出ている奴らをポンポンと取っていかないと!と、バシバシ撃っていくと…
20140914_001.jpg
うーん、サイズはイマイチですが、さっそく一匹!よし、今週も調子は良さそうだ、頑張るぞ!と気合も入ります。

この週は、いままでとは違う仕掛け(リグ)でトライ。スピニングは1/16ozのバレットシンカーのライトテキサス。ベイトのほうは、少しヘビー目設定のダウンショット。コレまでよりも、もっとウィード絡みを積極的に撃っていくという組み立てです。

状態の良いこんな綺麗なバスも釣れました。これはウィードにテキサスを絡めつつ、かるく誘ったら乗ってきましたね。やってることはスモラバの釣りと同じなのですが、根がかりが少ないので気が楽という点が良いですね。
20140914_002.jpg
とっても綺麗でプリプリ。凄く引きましたが、35cmにも届かず…。

ダウンショットでもいくつか魚を追加して、合計17本の大漁。虐待サイズのミニサイズは5匹もいなかったかな。どれも20cmは超えてましたし、半分は30cm前後と、好調!という釣果でした。ただ、足で稼いで食い気のある魚を確実に拾っていったという釣りだったので、ライトテキサスとダウンショットでのウィード絡みのエリア攻略に関しては、練習にはなったけど引き続き経験値を上げていく必要がありそうです。

0 コメント

コメント大歓迎です