カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

カナディアン・アーミー Toronto Sportsmen's Show その2

Toronto Sportsmen's Show その2

Toronto Sportsmen's Show その1はこちら(記事

フィッシングをメインにやっている北塔を後にしてフライフィッシングやドッグショー、ハンティングをメインにやっている南塔へ向かう。

2010CNSportsmensShows100.jpg
会場外で我々を出迎えてくれる剥製シリーズ。白熊。

2010CNSportsmensShows101.jpg
山猫を追い詰める2匹の狼の図。なんか鹿の喉元を喰いちぎらんとする山猫とかそういう迫力のシーンを切り取った剥製シリーズが多かった。

2010CNSportsmensShows102.jpg
レトロな銃器を展示していたオジさんをパチリ。「オレを撮ってレンズにヒビ入っても知らねーぞ(笑)」と言っておりました。なかなか面白いオジさんです。

2010CNSportsmensShows103.jpg
会場内ではフリークライミングコーナーもありました。子供達が頑張って挑戦しています。

2010CNSportsmensShows104.jpg
プールではカヤックのレクチャー。エスキモーロールというやつかな。沈してうりゃっと回転して起き上がるヤツとかやっていました。

2010CNSportsmensShows105.jpg
カナディアン・スポーツといったらやっぱりハンティングになるよね。猟銃コーナー。

2010CNSportsmensShows106.jpg
ウィンチェスター銃です。格好いいなぁ。

2010CNSportsmensShows107.jpg
ボウガンの矢。ボウガンも結構盛んみたい。

2010CNSportsmensShows108.jpg
キャンピングカーも結構展示されていました。

2010CNSportsmensShows109.jpg
こちらはピックアップトラックで引っ張るタイプのキャンピングカー。

2010CNSportsmensShows110.jpg
潜入。潜入。一人暮らしの部屋みたいな感じでした。ダブルベッドにユニットバスもついていて、しばらく暮らす分には問題なさそうです。ちょっと憧れです。

2010CNSportsmensShows111.jpg
キッズ弓矢チャレンジコーナー。一回2$なり。

2010CNSportsmensShows112.jpg
ラグジュアリーなジャグジーなんかも売ってます。別荘やコテージのベランダなんかに置くんだろうね。

2010CNSportsmensShows113.jpg
カナダ、アウトドアと来たら、これも外せません。燻製です!燻製!イタリアンソーセージやサラミも良いけど、ここはベーコンがとても美味しそうで、試食させてもらったらかなりイケていたので購入!

2010CNSportsmensShows114.jpg
ドッグショーコーナー。イヌ沢山いました。

2010CNSportsmensShows115.jpg
カナディアン・アーミー!本物のアーミーです。これはアーミーのプロモーションですな。

2010CNSportsmensShows116.jpg
実際に使用していた飛行機のコックピットを子供に開放しています。アーミーのオジさんが子供と親切に遊んでくれます。我が家の3歳児もスイッチと計器が山盛りのコックピットに座って操縦桿を握って大盛り上がり!アーミー好感度UP。

2010CNSportsmensShows117.jpg
特殊部隊かレスキュー隊のようなロープワークも兵隊さんが子供に指導しています。

2010CNSportsmensShows118.jpg
これは…魚雷…

こういう軍隊のプロモーションで子供に軍隊への入隊意欲を啓蒙していくのだろうね。兵隊さんって基本的に子供の目から見て格好良いから、親切に遊んでもらったりしたら結構その気になるよね。

2010CNSportsmensShows119.jpg
ふぅ…面白かった。

実は昨年フィッシングでお世話になったコテージから「出展するから見に来てね!」という手紙が去年の冬に来ていたので、近所だしちょいと会いに行きますか!程度で出かけただけで、どういうイベントなのか事前知識はあまりなかったのだけれども、コテージのオーナーとも無事会えたし、去年からにわかにアウトドアづいた我が家には相当楽しめたイベントでした。

Toronto Sportsmen's Show その3

0 コメント

コメント大歓迎です