カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

エールの鍛冶屋 Anvil Ale ESB (AleSmith Brewing Company)

Anvil Ale ESB

さて、今日の一本は…
AleSmithAnveilESB_000.jpg
サンディエゴの AleSmith Brewing から、Anvil Ale ESB です。

AleSmithAnveilESB_001.jpg
Anvil とは、鍛冶屋が金属をハンマーで打ち付けて成形する際に使う金床という意味だそうで、このブリュワリーのロゴになっています。AleSmithという名前も、鍛冶屋を意味する BlackSmith から来ているのでしょう。

AleSmithAnveilESB_002.jpg
アルコール度数5.5%の赤褐色のエール。ボディの色合い、そしてほんのり橙色がかった泡が良い感じです。香りはモルティで、鼻を包み込むような甘い香りのなかに、仄かにキャラメルの感触。ボディはミディアムライトで、甘く、そして苦い。甘さも苦味も、強烈さはないのですが、十分に主張していて、それでいてくどいところがない。すごい上手い所に着地した、美味しいビターです。なんというか、ガブーっと飲めちゃいます。ちょっと脂っこい料理、フライなんかに合わせたら、良いだろうなぁ。

0 コメント

コメント大歓迎です