カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

クッションカバーを作る人

ここのところ、夜は日付が変わるちょっと前くらいに帰還することが多いのですが、ある日「あーつかれたー。酒飲んで寝よう、寝よう」と帰ってくると、久しぶりに嫁がミシンを持ちだしてせっせと何か作っています。

カリフォルニアは寒くならないから、趣味の手編みをやる機会がないわ〜…と愚痴をこぼしていた嫁。最近では、シムコちゃんがだいぶ感情表現も豊かになって女の子らしくなり、ようやく刺繍やお裁縫をやる張り合いができたと、何やら夜な夜なチクチクやっている事が増えていたのですが、この日はミシンまで持ちだしてなにをやっているのかと思ったら…
20141122_200.jpg
こんなクッションカバー作っていました。ジンジャーブレッドマンですね。

これ、子供たちの去年のパジャマのリサイクルです。お兄ちゃん(8歳児)とシムコでお揃いのジンジャーブレッドマンのパジャマ(Gymboree)を持っていたのですが、二人とも大きくなって着られなくなったけど、デザインが可愛いので捨てるのも偲び難く…、ということでクッションカバーとして再生されたようです。

ホリデーシーズン感がでていいですな。

4 コメント

gyogyojin  

見事な再生ぶり!

かわいすぎて枕にはできないですね

プロの主夫を目指すには

やはり裁縫は避けては通れない道でしょうか?(笑)

2014/11/23 (Sun) 10:18 | 返信 |   

炉端家  

可愛いいですね♪

うちは子供のお気に入りのタオルに「困ってます^^;
もうボロボロなんですが、離さないんです。
違う形でリサイクルしたいのですが、多分怒るでしょう・・・笑

2014/11/24 (Mon) 00:10 | 返信 |   

ワキ  

gyogyojin 先生

ラインシステム組むので鍛えたノットの技術を駆使して、すごいの編んだり縫ったりしちゃってください!

私は、最近目が遠くて…、リーダー結んだりするの一苦労です。

2014/11/24 (Mon) 07:14 | 編集 | 返信 |   

ワキ  

炉端家 さん

うちの8歳児にも、そういう一品があるんですよ。いい加減卒業してくれといっても、手放さないんです。彼はいったいいつまで、あの布切れに執着し続けるのだろうか…

2014/11/24 (Mon) 07:17 | 編集 | 返信 |   

コメント大歓迎です