カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

フォーを To Go するの巻

日曜日のこと、ここの所ずーっと忙しいのですが、さらに忙しさに拍車がかかってきまして、釣りも諦めて自宅でせっせと仕事に励んでいたのです。家族はクリスマスの飾りを探しに行ってくるね〜とショッピングに出かけましたが、オジサンはもくもくとPCに向かって呪文のようなものを打ち続けるわけです。

昼過ぎにみんな家に戻ってきたのですが、出先でシムコちゃんが眠ってしまったので、ランチはしてこなかったみたい。オジさんの、最近ちょっとカロリー高いモノばかり食べていたので、麺とかさっぱりしたものが食べたいなぁというリクエストもあって、ストローラですやすや眠っているシムコを置いて、嫁と8歳児は「ちょっと麺を仕入れてくるわ!」と外へ。

しばらくして袋をぶら下げて、戻ってきて作ってくれたのがコレ。
20141209_001.jpg
ヴェトナム麺です。フォーの食堂で、ToGoでフォーを買ってきてくれたのです。この写真の麺は実はフォーではなく、オジさんの好きな卵麺仕立ての「海鮮ワンタンヴェトナム卵麺」。さっぱり海鮮系のスープにエッグヌードルで、オジさんと8歳児の好きな一品です。フォー好きの嫁は、牛肉満載のフォーを買ってきていました。

これテイクアウトのシステムは、こんな感じ。
20141209_000.jpg
熱々のスープを、プラスチックのケースに入れてくれます。麺と具は、中華ドギーバッグに入っています。麺が下で、具が上にぎゅーぎゅーに詰まっているので、麺がちょっと固まってしまっているのが難点かな。麺と具を逆さに入れてくれればいいのに。ビニール袋に入っているのは、モヤシやレモングラスといったヴェトナム食堂セット。これをドンブリに盛り付けると、最初の写真のようになります。

熱々のスープは2杯分くらい入っているので、半分は後日スープや雑炊にも使えるかも。

0 コメント

コメント大歓迎です