カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

Earth Hour と強スタウト Russian Gun Imperial Stout (Grand River Brewing)

Russian Gun Imperial Stout

せっかくの週末なのにいきなり寒くなったトロントでしたね。とはいえオジさんは今日は朝から夜まで会社に缶詰だったのでまぁ天気はあまり関係なかったのですが。

20100327_000.jpg
今日は Earth Hour という電気を消してエコしよう!というイベントだったのですね。高速道路の案内板にも書いてあったので存在は知ってはいたのですが、すっかり忘れていました。

20100327_001.jpg
家では嫁がトマトサラダと…

20100327_002.jpg
海老ベーコングラタンと…

20100327_003.jpg
キャンドルを準備して待っていたようですが、旦那はポッケーと「うわぁぁん、仕事すすまねぇ」と会社のデスクでぼんやりしていました。
イベントは夜8時半から9時半までの1時間はみんな電気を消して地球に優しくなっちゃおうね!というものだったのですが、ぼんやりオジさんが我に返って嫁からの「ろうそく用意して待ってるよ」というメールに気が付いたのが9時25分でした。オフィスで同じくモニターに向かって仕事していたベニ男くんと二人、そういえば今日は電気消さないといけない日なのに我らのオフィスは電気が煌々と…と苦笑い。

そのころ家では嫁と3歳児が電気を消してろうそくつけて、なんでか盛り上がった3歳児がハッピーバースディ気分で浮かれていたそうだ。

RussianGunImperialStout000.jpg
そんなオジさんの今宵のおともは、Grand River BrewingRussian Gun Imperial Stoutです。Grand River Brewingはトロントの東、Cambridge市にあるブリュワリーで、紹介するのは始めてかも。

RussianGunImperialStout001.jpg
アルコール度数8.4%の黒スタウト!8.4%か!Russian Gunっていう名前からしてガツンとくるんだろうなぁとは思っていたけど8.4の黒ビールだったとは。香りはチョコレートモルトのスタウトらしい香り。口当たりは…スタウト特有の苦味が最初と後味に効いてくるが、苦味と香りが口中を支配する感じではなく、8.4%の今日アルコールの尖った刺激と炭酸とホップが効いていて、口にの中に広がったときはフルーティな甘みも押し出してくるというなかなか特徴のあるビール。フルボディでホッピィでいろいろ濃いといいう、カナディアン好みな一品。

RussianGunImperialStout002.jpg
じっくり飲むにはいいね。ホッピィだからってぷっはぁって勢いでのんだらいちころで酔っ払うから注意。

ocb.jpg
Grand River BrewingはOntarioCraftBrewersのひとつ。

0 コメント

コメント大歓迎です