カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

リースリング その2

  • カテゴリーお酒
  • コメント0
これはボトルが綺麗だったので、買ったリースリング。ラベルをみるとこちらも Montery のワイナリーのものみたいです。

20141214_Seaglass000.jpg
このワインにどこのものかしらん?と調べてみると、こちらどこぞのワイナリーのブランドという訳ではなく、North American Sea Glass Association という団体の出しているワイン。Monteryにあるワイナリーのリースリングなのですが、この Sea Glass Association という団体の Sea Glass Wines というブランドで展開している模様なのです。そういうのもあるんですなぁ。

北アメリカシーグラス協会って一体なんだろうという疑問はあります。シーグラスは、読んで字のごとく、海岸などで見つけることの出来る綺麗なガラス片なのですが、つまりそれを中心とした関連団体(協会)ですよね。WEBにMissionStatementがあるのですが(記事)、う~ん、いろんな人がいるものですね。

20141214_Seaglass001.jpg
リースリングという葡萄は、比較的涼しい地域での栽培に向いているようで、世界的にはドイツのワインといえばリースリングみたいです。寒冷な気候を好むということで、オンタリオにいた頃に飲んだナイアガラ産のワインにリースリングが多かったのも頷けます。ここカリフォルニアでは、Montery郡のあたりはモントレー湾から吹き込む風で比較的涼しいとのことで、カリフォルニアのリースリングを探しているとMontery産によく当たるというのはそういう理由みたいです。

味の方は、普通に美味しく頂きました!

0 コメント

コメント大歓迎です