カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

初春の川巡り

午後から雨の予報のトロント近郊…しかし今日はどうしても初春の川に様子を見に行きたい!

…ということで嫁の作ってくれたオニギリ一つ握り締めて北に向かって走ってきました。

むこう3ヶ月はバスも禁漁中につき、釣り人の狙いはクラッピーやギルなどパンフィッシュ。まぁ小物というやつです。しかし、それでもいいのだ!釣りが出来ればなんでもいいのだ!というのが釣りバカクオリティ。

まずは地図を見ながらシムコー湖南岸を彷徨います。基本的に湖岸や川岸はプライベートブロパティで進入不可能につき、とにかく地図見ながらトライ&エラーを繰り返して誰でも湖岸に侵入できるスポットを探す。

20100328_000.jpg
おっ!路駐の車発見!やった、釣り人発見!公園かな。ピクニックテーブルも置いてあり、半ピクニックファミリーフィッシングの模様。しかし、どうもイマイチのようです。見ると湖面にはまだ薄っすらと氷が張っており、狙えるのは浅場のあまりパッとしないエリアだけでした。残念。

その後、地図をたよりに川を探します。シムコーから流れているホランドリバーやブラックリバー沿いで進入できそうなエリアをガンガン当たっていきます。駐車可能、進入可能なエリアを見つけてはちょいちょい竿を出してみたりもしましたが、生体反応なし…寒い…

20100328_001.jpg
ホランドリバーにやってきました。ここは結構有名スポットらしく橋の袂に釣り人たちが見えます。バケツの中には数は少ないもののナイスサイズのパーチとギルが入ってました。橋の下にはボートが数隻。

20100328_002.jpg
橋から向こうを眺めれば数隻のバスボートとアルミボート。やってるなぁ。

20100328_002a.jpg
よっしゃぁ!と川岸を数箇所攻めて見ましたが生体反応なし!周りもまったく空振り。10分おきくらいに釣り人が来てはちょっとやって去っていって、来てはちょっとやって去っていってという感じだったので、どこもパッとしてなくてみんなRun&Gunで魚を探しているみたい。サカナの様子を見にきた兄ちゃんも「ノーバイトだよ」というと「まだ魚は一箇所に固まっているみたいだな。ちょっと早いかな」と竿も出さずに去って行ったしね。

はやく春来ないかな。

20100328_003.jpg
で…今週もまた来ちゃいました。バスプロショップ。

20100328_004.jpg
バスボートほしい。



0 コメント

コメント大歓迎です