カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

2015釣り初め、呆然…

2015年、釣り初めに行ってきました。冬、難しい釣りだということは承知しており、ボウズ上等!でも釣り初める事が重要!ということで、行ってきました。日が昇る前に家を抜けだして、片道2時間ちょいの道をひた走ります。

で、結果から言うと、まさかの良型バラシ。。。湖畔で呆然。泣きそう。いや泣いた。もうあまり思い出したくもないのですが、記録だからな。
20150104_000.jpg
朝の湖畔は気温1℃。思ったより寒いけど、寒気の中で竿を振るってのもなかなか乙だよねぇ、釣れないけどさ!なんて黙々とキャストしていると、バスのチェイスが。そこそこいい型。魚はいるんだ!と、集中して続けていると、何やらヒット!でもなんかちょっとおかしい。なんだこの魚?

水面に浮かんできたのは、なんとトラウト。太っていて40は超えているけど、体にはいくつか傷があってコンディションはあまり良くない感じ。放流モノかな。水際にぶりあげてどうしよう?初モノが本命じゃないということで、2015年初めての魚なのになぜか心が全く踊らない(苦笑)。トラウトはバス持ちも出来ないし、けっこうヌメっとしてるし、水冷たいし、触りたくないなぁと眺めていたら、バシャバシャ暴れて帰っていきました。それにしてもスピナーベイトにニジマスが来るなんてビックリ。

その後は数時間反応なし。ポイントを大きく移動して、修行だ!これは修行だ!釣れなくてもいい!これは修行だ!と頑張っていると、グーンと竿に乗っかってきました。これ一番苦手なパターン。後ろから追ってきた魚がモーンと咥えるパターンは本当に苦手。スイープフッキングかまさないと!と後で考えればそうなんですが、巻物の時はついついシーバス時代のくせで、ガッ!とショートフッキングしてしまう。「あ~、手応えナッシング。これ跳ねられたらバレる!」と水際まで脚をずべらさないように、そろそろと降りながらなんとか水面に出さないように誘導。デカい。45はありそう。次の誘導であそこの浅瀬にソフトランディングだと、バスを円弧を描くようにぐるーっと回し、ちょうどコチラに頭を向けさせようという所で、強烈なエラ洗い。「あーーーーーーーー」という心の悲鳴とともに、初バスは去って行きました。でかかった…。でかかったのに…。

初釣りでゲン担ぎするタイプなんです。なので落ち込み激しいです。あぁ、ダメだ。思い出しただけでも泣きそう(涙)

今すぐにでもリベンジ釣行に行きたいのだけど、補習校も始まるし、春まで忙しくて週末もフルで休むとか無理だし、嫁もちょっといい加減にしてくださいねオーラだしてるし、困った困った。

4 コメント

炉端家  

訪問いただきありがとうございます。
今年も宜しくお願いします^^

・・・そうっすか。解りますョ
手か、私も似た経験がほとんどですから(笑)
私もまだオフシーズンに出かけて、とんでもない奴に貴重なフックオフされた事が何度もあります。
ライバルが少ないだけに、連泊してでも釣りたい!!って気持ちになりますわね^^;
まっ、家族もちの宿命?!
大丈夫ですョ!また大きくなって必ずファイトしてくれます^^

2015/01/07 (Wed) 21:31 | 返信 |   

misty  

お気持ちはよ~くわかります!

でも考えようによっては本命ではないにせよ、良型トラウトをスピナベでキャッチしたのでよしとしても良いのでは!?

こちらも先週末初釣りに出かけまして、見事に完全試合の撃沈でした。

2015/01/08 (Thu) 08:52 | 編集 | 返信 |   

ワキ  

炉端家 さん

ラインブレイクとかのミスに比べれば、まだ少しはマシですが、やっぱり悔しいっす。釣れるとは思って居なかったとはいえ、さんざん投げ倒しての一匹…。うー、いますぐにでもリベンジ釣行に行きたい!けど無理!

今年も父ちゃんアングラー同士、頑張りましょう。

2015/01/08 (Thu) 15:02 | 編集 | 返信 |   

ワキ  

misty さん

初釣りでゲン担ぎする性分なので、あのトラウトはもう記憶のなかから消えております(笑)。まぁ外道としてはギルなどに比べれば、大上等ではありますが、やっぱりあのバスあげたかったなぁ…
もうずいぶんとバスから遠ざかっております。やっぱこの時期はチャンスは少ないですよね。

2015/01/08 (Thu) 15:04 | 編集 | 返信 |   

コメント大歓迎です