カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

台湾中華@マルカイのモール

土曜日、補習校が終わり、「アニマル娘のシム子ちゃんが、えらい勢いで米を食うので米が切れた!」というので、ブブーンと南へ。サンマテオのニジヤに寄っていこうと思ったのですが、せっかくだから280でブブーンとマルカイまで行っちゃおうか!と、勢いでサンノゼ方面まで南下。クパチーノのマルカイまでやってきました。
20150307_200.jpg
久しぶりのマルカイ。やっぱり魚介類系はマルカイだな。

この日は、嫁が補習校の当番だったこともあって、お昼ごはんを食いっぱぐれていたので、マルカイに行く前にマルカイの入っているモールで、ちょっと何か食べることに。
20150307_201.jpg
「あのオバさんの顔のマーク…、あれは…、匂う。あれは匂うよ!」と嫁が言うので(笑)、このオバさんマークのお店に突撃してみることに。

Yelpで確認すると、Liang's Village Cuisine というお店のようです。
20150307_202.jpg
この写真のオバさんが、ロゴに描かれている Liang Mama ですかぁ。

どうやら台湾系のお店のようで、他のお客さんは、薄手の記事で牛肉やネギなんかを撒いた、太巻きお好み焼きみたいなのを注文していました。それも美味しそうだったのですが、結構ポーション多かったので、今回は無難に麺とご飯系で。
20150307_203.jpg
ゴマの担々麺に、オックステールスープ。ゴマの担々麺は平打ち麺で、ねっとりとしたスープに絡めていただきます。子供サイズ位のドンブリに入ってきたので、小さいな・・と思ったのですが、これが食べてみると、胡麻味噌スープは、スープというよりもソースで、麺の量が見た目以上にボリュームがあってお腹いっぱいに。オックステールスープは、ホロホロの仕上がりで期待通りの味で、美味しかったです。

台湾系のレストランって、あまり行ったことないので、メニューはどれも新鮮なものでした。機会があったら、ほかも試してみたいかも。ごちそうさまでした。

Liang's Village Cuisine
19772 Stevens Creek Blvd
Cupertino, CA 95014
(※キャシュを持っていった方が良いかも。クレジットカードは$20-以上から使えますが、どれも中華価格なので)

0 コメント

コメント大歓迎です