カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

中華風日本

仕事仕事でネタがないので、写真を漁っていたら…

二週間前かな。
20150321_400.jpg
スタンフォードショッピングセンターに行った時の写真発見!午前中に8歳児と釣りに行って帰ってきた日の午後、家族で買い物に出かけたのでした。

いつものコースで、JCrew,、Lucky Brand、KateSpade…なんて大人のターンを早足で回って、子供服ゾーンへ。そして最期はシム子ちゃんのためにAmericanGirlにという定番コース。

あっ、そうそう、途中でウィリアムズソノマによって、イースターグッズをみたりして。そこのダイニングコーナーにディスプレイしてあったのがコレ。
20150321_401.jpg
松竹梅にアサヒビール。日本酒と大き目のミカンの組み合わせが何ともお目出度いこのダイニングセットは、まぁ日本料理をイメージして作ったに違いはないのでしょうけど…

アサヒのビールだ!なんて眺めていた8歳児、「お父さん、なんでチャイニーズが入っているの??」と。
20150321_402.jpg
あちゃ~、これはチャイニーズですなぁ。しかもこれもまた旧正月の獅子舞くらいお目出度いデザイン。「うーん、そうだねぇ。まぁ何というか、こういう事になりがちなんだよ…」とかなんとか、訳の分からない返しをするオジサン。未だにこういうフュージョンジャパニーズが、ウィリアムズソノマのような有名高級ブランドでも発生するんだなぁと。

こういうのにと比べると、最近我が家で子供たちがハマっているディズニーの「Big Hero 6」(邦題:ベイマックス)というアニメ映画は凄い。ベイエリアと日本が合体したようなサンフランソウキョウという街が舞台なのだけど、普通こういうのってサイバーパンク的にどっからみても香港か上海か…みたいな中華フォントの看板や町並みが出てきて「日本ではない…」となるのだけど、あの映画の世界設定はそういうのがなくて、その細部の造形をみているだけでも圧倒されちゃうんですよね。

って余談でした。

ひと通りの買い物が終わって、喉が渇いたという8歳児。
20150321_403.jpg
この週末は補習校が修了し、まぁまぁ頑張った8歳児にご褒美?も兼ねて、アイスチョコレートでもいっちゃう?家族で一個シェアだけどね〜(笑)と、Godivaに寄ります。

好きなテイスト選んで良いよ!と行ったら8歳児…
20150321_404.jpg
なんとオレオ選びやがりました。ゴディバでオレオ…。5ドルくらいするゴディバのTrufflelata(記事)に、砕いたオレオ(苦笑)。まぁ子供が喜びそうではあるけど。

0 コメント

コメント大歓迎です