カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

意外と本気だった… Rogue Sriracha Hot Stout Beer (Rogue Ales)

Rogue Sriracha Hot Stout Beer

さて…今宵の一本は問題作?です。
RogueSriracha_000.jpg
本気なのか、ブリューマスターのおふざけなのか、問題作ばっかり出しているオレゴンの Rogue Ales から、Rogue Sriracha Hot Stout Beer です。

RogueSriracha_001.jpg
これねぇ…、シラチャーソースとビールのコラボなんて、やっぱ半分遊んでますよね〜。シラチャーソースはこちらではどこにいっても見かける、東南アジアンテイストのホットソース。最近、ポップコーンやポテトチップスなんかでもコラボ品は多いですが、ビールもやったか…。さすが Rouge。

RogueSriracha_002.jpg
アルコール度数5.7%の黒色スタウト。赤い液体が出てくると期待していたので、ポーターできたのは少し以外。しかも香りは、本格的な焙煎系エールのそれで、なんだか美味しそう。それでも深く嗅ぐうと、目の周りが辛子成分でしょぼしょぼしてくるアタリが、シラチャーソース。ミディアムボディで、最初の味わいは黒ビール。しかもかなり本格派の黒ビールのそれで、なんだこれ美味しい…と思うのは最初の2秒。そこからやってくる辛味。辛味も直球唐辛子というよりは、少しまろみを帯びている辺りがシラチャーっぽい。うげー辛い…とは思うのですが、もはやただの超激辛辛子水と化していたハバネロ・スカルピン(記事)と比較すると、ただのブリューマスターの悪ふざけでは片付けられない感じですね。ローグは悪ふざけも、本気だなと。

0 コメント

コメント大歓迎です