カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

山盛りホットドッグ

今日の会社のランチは、ホットドッグのケータリングでした。ケータリングというか、ホットドッグ作ってくれるオバちゃんがやってきて、ホットプレートでパンやソーセージを焼きながら、好みに応じてホットドッグを作ってくれるという出張ホットドッグ屋台みたいな感じ。うちの会社、たまにこういうランチを準備してくれます。

仕事中はあまりお腹が空かないというか、釣りと仕事の間は基本的にそれほど食欲がでない性格なので、ランチはいつも出遅れるのですが、この日もみんなが食べ終わった頃に、のそのそとキッチンに行って、余り物でホットドッグを作ってもらうという流れに。

まぁそれほど沢山食べる気もないので、プレーンドッグを作ってくださいなとお願いしたのですが…
20150215_000.jpg
完成したのは、どこからどうみても食欲旺盛フルトッピングのホットドッグ…。あぁ、なんでこんなことになってしまったのか。。。

最初プレーンドッグお願い!と言ったはいいのですが、残ってる食材を全部つかってしまいたいオバちゃん。「アボカドどうよ?美味しいよ!」「じゃあちょっとだけお願い」「キャベツもサルサもいるよね?」「え、辛い?辛いならちょっと試してみようかな」「ケチャップとマスタードとマヨとラディッシュもいるよね?」「あ、あぁ…」とメキシカン風の陽気なオバちゃんにノセられて、結局こんな豪華な感じに。もう、具材が多すぎてパンに挟まらないし…(笑)。

しかしこれ美味しかったんですよね。あっさりサラダ風のサルサとか、ホットドッグのトッピングにすると、さっぱりするし、水とか無くてもトマトの水分とかで喉につまることもなく、「ほほぅ…、やるなぁ、オバちゃん」とかブツブツいいながら、さすがに完食は無理だったけど、8割くらいは美味しく胃の中に。美味しかったです。

ごちそうさまでした。

0 コメント

コメント大歓迎です