カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

おつまみプレート チェリー&グレープ

我が家では、かなりの高確率で週末の夕飯はおつまみプレート+メインという組み合わせになります。理由は単純で、オジサンが晩酌するからです。

まだ「オンタリオ湖畔から」だった頃から、週末にファーマーズマーケットやデリに行って、そこで買って来たフルーツやチーズ、惣菜なんかをプレートに盛り付けて、夜は夫婦で晩酌するというパターンを徐々に確立してきたのですが、やっぱり登場頻度が高いと熟練してくるのか、嫁は得意料理はオツマミプレートなのではないか?というくらい、見た目にも美しいオツマミプレートをほいほいと作ってくるようになってきました。かなりの高確率でブログに載せられるため、盛り付けの腕も否応なしにあがったようです(笑)

過去のオツマミプレートたち(記事)(記事)(記事)。いままでは、おつまみプレートもビールを彩る食卓シリーズの中で書いていましたが、おつまみプレートというカテゴリを新設して嫁にプレッシャーをかけてみることにしました。

ということで、この日のオツマミプレートは、フルーツとチーズ。そして奥にはトルティーヤチップスとサルサ。ビールはさっぱりラガータイプです。
20150516_100.jpg
ビールのオツマミでフルーツ!?という感じもするかもしれませんが、軽めのラガービールだと意外とアリですよ。サッパリ&サッパリみたいな。それに子供たちとも一緒に食べられるので、オススメ。過去にいちじくのプレートなんかもありましたが、プレートにフルーツがのると、それだけで写真が美しく華やかになって良いですね(記事)。

チェリーは今が旬でしょうか。こちらではダークレッドのアメリカンチェリーも多いですが、こういうチェリーも手に入ります。これはレイニアチェリーかな。葡萄も最近は種なしで、しかもコチラの葡萄は皮が薄くてそのまま食べられるので、手間がかからず口に放り込むだけで良いので好きですね。

ビールは最初のうちだけで、この後早々に白ワインに移行したのですが、あまり甘い果物を食べてしまうと、ワインの甘さがよく分からなくなって変な感じになっちゃうので、そこでチーズの出番かな。

ごちそうさまでした。

0 コメント

コメント大歓迎です