カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

凄いぞ8歳児 Grunion (Ballast Point Brewing Company)

Grunion

さて今宵の一本は…
BallastPoint_Grunion000.jpg
お魚ラベルで我が家では大人気のサンディエゴの Ballast Point Brewing Company から、Grunion です。

BallastPoint_Grunion001.jpg
酒屋でこのビールを発見した時は、このグルニオンっていう魚は、いったいなんていう魚だろうか?なんて話をしていたら、8歳児曰く「お父さん、グルニオン知らないの?Move(学研の図鑑)の付録のDVDで紹介されていたじゃん!」と。またまた〜、なんかの魚と間違えているんじゃないの?なんて笑っていた両親ですが、家に帰って確認してみると、8歳児の言うとおり、図鑑の付録のDVDに収録されていました。この魚、大潮になると浜辺に大量に押し寄せてきて産卵するそうです。このラベルはまさにその時の絵で、メスが体の半分を土の中に入れて、そこにオス達が巻き付くようにして産卵するとのこと。8歳児、意外といろんなことをちゃんと吸収して覚えているのね。偉い。

BallastPoint_Grunion002.jpg
アルコール度数5.5%のオレンジゴールドのペールエール。香りはパイナップルのような柑橘系シトラスのホップの香りに、どこか花をツンとつく感触は、マンゴーとかソレ系の香り。ミディアムライトのボディで、鮮烈さはそれほどでもないのですが、飲みやすくて美味しく、後味の苦味もIPAほどではないにせよしっかり残ります。これは個人的に好きな類のビールです。5.5%というアルコール設定もイージードリンクで良いですね。

2 コメント

lce2  

8歳児くん、なかなかの博学ですね。
グラニオンを刺身で食ったらなかなか旨かったです。
そちらの浜にも接岸するようなら手掴みで取れるので是非トライしてみてください。(でも、夜なので気を付けてくださいね。)

2015/05/31 (Sun) 06:47 | 返信 |   

ワキ  

lce2 さん

マジすか!種としてはトウゴロウイワシに近縁とネットで出てきたので、あまり美味しくなさそうだなと勝手に思っていたのですが、美味しいんですね。

>そちらの浜にも接岸するようなら手掴みで取れる
お~、チェックしてみます。

2015/05/31 (Sun) 10:58 | 編集 | 返信 |   

コメント大歓迎です