カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

ヴィオニエ Melville 2013 Viognier

  • カテゴリーお酒
  • コメント0
Melville 2013 Viognier

さてワインです。我が家の好きな白ワインです。こちら、Viognierという種類のワインなのですが、我が家の好きな白はリースリングやゲヴュルツトラミネールと、カリフォルニアでは亜流な種類のワインで、そういうワインってお店では「シャルドネ」「ソーヴィニヨン」「ピノ・グリ」「その他」の、その他にまとめて置いてあるんです。そこで時折目にする Viognier (ヴィオニエ)という種類のワイン、同じその他仲間としては放っておけず気になっていたのです。

そこでレッドウッドシティのワイン屋さん、K&L Wine Merchants に寄った時に、試してみよう!ということで買ってきたのが、この一本。K&L Wine はワインメインの気合の入ったワイン屋さんだからか、どのワインもお高いんです(苦笑)…、どれも$30とか。ヴィオニエ初トライなので、その中から10ドル台のお手頃価格のものをチョイスしました。
20150523_500.jpg
こちらですね、結論から言うと…

我が家好みかも!香りが強いシャルドネとかは、少し苦手な我が家ですが、これもどこか洋梨やライチみたいな果物を想像させる香りは強いのですが、飲み心地はスーッと甘くて軽やか。特に嫁にはヒットしたみたいなので、今後ヴィオニエ率が増えていきそうです。カリフォルニアでの栽培も多いとのことなので、いろいろ試してみたいかな。

0 コメント

コメント大歓迎です