カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

釣行記録・引き出しが少ない男

土曜日は未明に起きて寝床を抜け出し、釣りに行ったので、その記録。
20150623_000.jpg
まだまだ外は暗い中、釣友のMistyさんに拾ってもらい、向かうはD湖。そうなのです、この日は、いつもの単独釣行朝練ではなく、久しぶりのボートでのリザーバー攻めなのです。

やってきたD湖は、クリアな水にブルーギルの稚魚のスクールなんかも見られて良い感じ。
20150623_001.jpg
ただ一方で、サマーバーケーションシーズンに突入し、キャンプ場や泳げるリザーバーとしても超人気スポットのこの湖は大混雑。6時のゲートオープンとほぼ同時に入ったのですが、すでにボートを待つ人や釣り竿を抱えた人がいましたね。日が上がってくると、冬の間はトラウトを狙うぶっこみ釣りの竿がズラーっと並ぶビーチも、パラソルが立ち並び、夏の海水浴場と化していました。

そんな夏の陽気なので、ウィード密集カバー撃ちを想像していったのですが、ウィードは不発。水温も高くて、水通しの良いところでポツポツ小バスのチェイスがという感じでした。
20150623_002.jpg
そんななか、朝のうちに流したポイントで見えバス発見!マッチョにカバーを撃つと宣言していたのに、見えバスの誘惑に駆られて必殺のゲーリーヤマモト大先生でセコく喰わす!とか言いつつ、見えバスを狙って喰わせることに成功したことなんて、過去あまり無いのですが、この日は諦めかけた頃に食ってくれました!46cm2.5lbオーバー。イエイ。

その後もいろいろ流してみたものの…
20150623_003.jpg
小スモールマウス。すっげー小さい(笑)。超苦戦です。

Mistyさんが岬ポイントで良型スモールマウスをゲットしたところで、カバーを狙っていた私の竿にガツン!と良型がきたのですが、まさかの藻化け。ぐぅぅぅ、修行が足りない。

その後も流してみるものの、パターンが全くつかめず。コレ以上やっても仕方ないと、納竿としました。いやぁ、本当に難しいです。私の引き出しでは何をやったらいいのか良く分からない。特にカバーや障害物のないオープン・ウォーターでの攻め手を持っていないが課題。

まだまだ修行ですな、修行。Mistyさん、お誘いいただきありがとうございました!

2 コメント

misty  

いやあ、この時は見えて無かったですね。もうちょっと粘ったらいけるかも、とは思わなかったですし。でも、ウィードで大物かけたときは、さすが!と思いましたよ。また、修行しに行きましょう。

2015/06/26 (Fri) 15:38 | 編集 | 返信 |   

ワキ  

misty さん

あそこ大場所すぎて、的が絞れないですね。以前に陸っぱり行った時は、もっといい感じに水草がシャローを覆っていた記憶があるのですが…。

2015/06/27 (Sat) 12:02 | 編集 | 返信 |   

コメント大歓迎です