カリフォルニアの南のほうから 〜 オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

サンマテオでフィッシュヘッドを食べる

ワキ家では、週末のランチ時にお父さんが居るという珍しい事象が起きるとですね、とりあえず外に食べに行こうよというイベントへと発展します。

とはいえ、最近ではコレといって「行きたい!」とか「行ってみたかった!」的なスポットは減ってきており、結局は近場のサンマテオかサンカルロスに落ち着くことが多いです。
20150710_000.jpg
ということで、サンマテオにやってきました。サンマテオも週末はなかなかの混雑で、車の駐車スペースを探してウロウロする羽目になることもあります。この日は、スルキマートの前に駐車できました、ラッキー♪

スルキから、4thストリートを挟んで向かいにある、大箱の中華レストランに行ってみようかと話していたのですが、結構行列ができていたのでパス。

じゃあ…とやってきたのは、マンゴーガーデン(記事)。
20150710_001.jpg
陽気の良い日には、甘いマレー式コーヒー(コピ)のアイスコーヒーが美味しいです。

さっそく、いただきましょう!
20150710_002.jpg
どーん。土鍋と大皿のヌードル。それにランチではサービスで出してくれる、ロティ。

この土鍋の正体は、アッサム・フィッシュヘッドです。我が家の好きなフィッシュヘッドカレー(記事)の、アッサムソース煮込み版とでもいいましょうか。
20150710_003.jpg
見ての通り、赤くて辛いアッサムソース。トマトの酸味と辛みで食欲を刺激されます。定番の具、オクラやナスも美味しい。肝心のフィッシュヘッドは、スナッパーかフエダイ系列かな。ドン・ドンと切り刻まれて小麦粉の衣を付けて一度フライにされていますね。肉厚で、塊の部分は食べやすいといえば食べやすいですが、ホジくるには箸が必要ですな。

こちらの炒めた麺は、パールヌードルという一皿。シムコちゃんが、「めんめん!めんめん、たべぅ〜」と言うので、麺を頼もうとしたのですが、ミーゴレンやミーシャムはどれもスパイシー。どれが良いかな?とオーダーの時に相談したら、このパールヌードルはキッズに人気だよ!というのでオーダーしてみました。
20150710_004.jpg
パールヌードルって初めてだったのですが、面白い食感。見た目は太いモヤシです。そしてモッチモチ。どうも香港や台湾では銀針粉、マレーシアでは老鼠粉と呼ばれる麺みたいで、まな板の上で転がして練り上げる模様(web)。オイスターソースとモヤシの炒めものに相性バッチリで、美味しかったです。

ただ、パールヌードルは意外とお腹に溜まるし、フィッシュの土鍋からは次々と具が出てくる出てくる、減らない減らない(笑)。見事に予想以上にどれも大型ポーションだったので、ヌードルは7割型お持ち帰りして、晩御飯のお晩菜になりました。ごちそうさまでした〜。

Mango Garden
111 E 4th Ave
San Mateo, CA 94401

0 コメント

コメント大歓迎です