カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

ヴィオニエ THE CRUSHER 2012 VIOGNIER

  • カテゴリーお酒
  • コメント2
久しぶりのワインです。ガレージの冷蔵庫をいう武器を手に入れてからは、冷蔵庫に常に沢山のラガー系のおビール様とハードサイダーがキンキンに冷えている状態を保っていたので、ワインの出番が減っておりましたが、それでもちょいちょい飲んではいたんです。

そして我々、ここに来てある結論にたどり着きました。

お値段そこそこのマズイの買って、ちょっとこれは…とか言いつつ、結局飲んじゃって、悪酔い…。これ最悪のパターンだね、、と。

ということで、ワインには少し慎重になってきております。どうせ酔っ払うなら、回数減らしてたまに良い奴!みたいな方が良いんじゃないの?という結論に向かいつつありますね。だって、変なので変に酔うと次の日までキツイし、馬鹿らしい。

ということで、今回のワインはお高いワインなの?というと、これがまぁ10ドルちょいの平均ワインなんですが(笑)。

20150722_000.jpg
THE CRUSHER というブランドのヴィオニエ。スーパーで、THE CRUSHERという名前がプロレスラーみたいで笑えるわ〜と嫁がジャケ買い。まぁたしかにクラッシャー・バンバン・ビガロとか、そういうプロレスラーも居たけどさ。北カリフォルニアの有名なワインメーカー、Don Sebastiani & Sonsの展開する一ブランドみたいです。ワイン畑はサクラメントの南のクラークスバーグというところにあるみたい。サクラメントリバー沿いの田舎町ですね。

で、コチラのワイン、お味の方はというとクリアで香りも良く、スッキリした甘みが我が家好みで、美味しかったです。この前に飲んだワインが連続でイマイチだったので、これはハズレじゃなくて、良かった良かった。

2 コメント

misty  

> どうせ酔っ払うなら、回数減らしてたまに良い奴!みたいな方が良いんじゃないの?という結論
これ、うちと全く同じ結論です。呑兵衛だとこうなりますよね...

2015/07/26 (Sun) 15:32 | 編集 | 返信 |   

ワキ  

misty さん

そうは言ったものの、結局$10〜$20くらいのワインばかりです(笑)。

2015/07/27 (Mon) 00:31 | 編集 | 返信 |   

コメント大歓迎です