カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

ソノマに日帰りドライブ その2

ソノマに日帰りドライブ その2 (その1)

さてヒールズバーグの街を後にし、向かったのは田舎のカフェ。嫁が事前に調査しておいたスポットなのですが、DDD(Diners, Drive-ins and Dives)で紹介されたことがあるというお店です。

こんなところにそんなカフェあるんかいな…という、ブドウ畑しかない田舎道に、ありました!
20150906_000.jpg
こちらが、Jimtown Store。田舎のGeneralStore(よろず屋)と言った風情ですが、レストランです。いいですね〜、このトラック。雰囲気ありますねぇ。

お店に入ると、まずはカウンターがあって、そこでビスケットやコーヒー、テイクアウトのサンドウィッチなどが注文できます。
20150906_007.jpg
また、こんなレトロ玩具や、まさに駄菓子屋といった感じのお菓子、ローカルフードやローカル民芸品っぽいものも売っています。

ここでお食事する人は、自由席に座ってね〜というので、我々はバックヤードのテーブルに落ち着きました。
20150906_001.jpg
大きな豆をつけた蔦の屋根から、木漏れ日が。とても良い感じです。

とりあえず、各自コーヒーやレモネード、ミルクなんかで喉を潤したら、お食事タイム!
20150906_006.jpg
ハウスメイドのチリやビスケットのサンドウィッチ等を、オーダーしました。

こちらはルーベン。最近はメニューにルーベンがあると、とりあえずルーベンを注文みたいな感じになっております。
20150906_002.jpg
バターの染みたサクサクのトーストに、パストラミ。溶けたスイスチーズにザワークラウト。そこにドレッシングもかかっているので、ルーベンはとっても食べやすいんです。ただ食べやすいのでバクバク食べて、すこし後に一気にお腹一杯感がやってきます。要注意です。こちらのルーベン、見た目は素朴な感じですが、パンと具のコンビネーションが素晴らしく、美味しかったです。

嫁のチョイスはチリ。
20150906_003.jpg
なんでしょう、牛肉と豚肉に、大きな豆。見たよりもあっさりというか、プルドポークのようなお肉がたっぷりなのですが、箸が進みます。チリって我が家ではある意味謎の食べ物という分類になっております、スープのようなモノもあれば、もっと豆々の豆ソースみたいなのもあるし、コチラはプルドポークと牛肉の合い挽きを、チリビーンズで味付けしたみたいな感じでした。色々とトライしているのですが、一体どういう食べ物を指してチリというのか、謎は深まるばかり。こちらも、美味しかったです。

これはハウスメイドのビスケットサンド。
20150906_004.jpg
チーズとハムとエッグのモノを注文したのですが、想像していたものより背が高い。。中は一体どうなっているのだろうか…

半分に切ってみると…
20150906_005.jpg
お~、卵がふっくら卵焼きになっているのですね。ふわふわ食感の卵に、チーズとハム。こちらも美味しくいただきました。

色々と寄り道してオヤツタイムの多いドライブの途中に、調度良い塩梅のランチでした。ごちそうさまでした。

Jimtown Store (web)
6706 Hwy 128
Healdsburg, CA 95448

0 コメント

コメント大歓迎です