カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

Comcast の契約を変更する

アメリカに来てから2年が経過し、引っ越しもしてアパート暮らしからタウンハウス暮らしになったので、毎月の出費も増えてきたなぁと、月々の支払のチェックをしていたら、なんということでしょう。Comcast のバンドル割引が2年経過でエクスパイアして、月々の支払いがえらいことに。。

HDでもないアナログ4:3のしょぼい映像なのに、こんなに取られたらたまらん、しかもこっそりバンドルに入っていた有料チャンネルとかも入ってるし!ということで、Comcastの契約を見直すことにしました。さっそくXFinityのページから、Chatを開始します。

あれ?なんかChatに接続するインターフェースが大分変わってますね。。昔はXFinityのページをうろうろしているだけで、向こうから勝手に「アシスタンス必要かい?チャットできるよ!」って言ってきたと思うのですが、今はチャットで問い合わせしたい内容とかをナビゲートに従って入力し、ようやく繋がるかと思ったら、長い長いチャット待ちのキューに並ばされます。なんてこったい。しかも「TVのチャンネル契約見直し」とか「有料チャンネル解約」とか、そういう項目は選択項目には存在しないので、とりあえず「月々の支払いの相談」みたいなのを選んで待つこと数十分。ようやくチャットのオペレータとつながりました。

で、TVの有料チャンネルを全部解約して、ついでにHDのセットトップボックスに変えてほしいんだよね!と相談すると、やっぱり「最新のバンドルサービスにアップグレードしようよ!」と勧誘してきます。まぁ一年の割引がつくので、月々の支払は有料チャンネル全解約して今のサービス継続の場合と比べると、今から一年以内に関してはかなり安くあがるバンドルキャンペーンの威力は絶大。ということで、他に安くなる方法もないってことだったので、それで手を打つことにしました。昔一度、チャットで、HDのサービスに変更してレコーダも交換してくれ!と長いやり取りをしたことがあったのですが、その時はオペレータがイマイチ頼りない人で、散々のやりとりの挙句「レコーダ交換とかそういうのはオレじゃ手続きできないみたいだから、最寄りのコムキャストのお店に行って」みたいなやり取りで終わり、毎度長蛇の行列ができているコムキャストのお店に並んでまでHDにしなくてもいいや!っと、断念したことがあったのですが、今回のオペレータは「数日以内に届けるから、今の機材だけコムキャストのお店でドロップしてくれればいいよ!」と、なかなかの遣り手でしたね。


ということで、1週間後に機材が届き、プロビジョニングがちゃんと設定されていなかったのかテレビがちゃんと映らなかったので電話してリモートでリセットしてもらったり、インターネットのモデムがなかなかうまくアクティベートされずヤキモキしたりというイベントはありましたが、なんとか我が家もHD放送になりました。

で、あとはコムキャストのお店に機材を返しにいくだけ。先日嫁が行って来たのですが、やっぱり長蛇の列だったようです。

以下、嫁から送られてきたテキストの抜粋
「コムキャスト、メチャ混み。。」
「なんか山積みになったビルを片手に、マネージャ出せ!ともめているマダムが…」
「返却のレシート、手書きのレシートでよければ、すぐに受け付けるよて言われたけど、コムキャスト信用ならないから、列で待つわ。」
「列で待つって、手書きのレシート断ったら、前に並んでいるオッチャンに Good Decision って褒められた(笑)」

コムキャストとか、携帯のヴェライゾンのお店とか、そういうサービス系のお店って、いつ行ってもこんな感じですよね。絶対に揉めてるお客さんがいて、長蛇の列が出来上がるという。

お疲れ様でした。

0 コメント

コメント大歓迎です