カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

ニットの娘

金曜日、仕事の合間にふとみた携帯画面にメッセージあり。

iPhone の待ち受け画面には、「かぶってくれた!」という言葉。なんのこっちゃ??

確認してみると、「かぶってくれた!」に続けて写真が。写真には、満面の笑みのシム子ちゃん。みると、頭にかぶっている帽子は、以前ニットの女(記事)というエントリーで書いた、嫁の手編みのスヌーピー毛糸帽。おー、被ってくれたのね。

どうやら気に入ってもらえたようで、昨日お出かけするときも、「ヌーピー!ヌーピー!」と、帽子にスヌーピーのバッグを抱えておりました。

9歳児は、お母さんが気合をいれて帽子を編んだりしても「チクチクするからやだ!」と、全然付けてくれなかったのですが、シム子ちゃんは気に入ってくれたようで良かった良かった。この帽子を被ったシム子ちゃんを見たママ友に「手編み!?すごい!」と褒めてもらったそうで、ニットの女、相当気を良くしております。「シム子は、アンパンマンのコキンちゃんが好きなのよね〜」とか言いながら、青い毛糸で新しい作品を作り始めたみたい。。。

4 コメント

マイマイ  

最近はカフェで、ニット男子も、聞きます。

市販だと、黒やベージュ等単色の毛糸帽が多く、ここまで凝った作品見ませんー手編みセーターは丈夫で暖かいけど、買うと何万円もし、高いです~手先器用だと主婦の方も、手芸コーナーで、ベストやショール等、毛糸作品でサンプル制作、時に販売もされセンス良くやっぱ才能ですー

2015/11/09 (Mon) 12:13 | 返信 |   

Sasha  

やはりすごい!

奥様、本当に凄いです!
お料理も、お裁縫も、おまけに編み物まで!
そうそう、ニットの女で作品見た時も凄いと思ったんですけど、コメントしないままでした。
私、編み物は不得意なんですよね。
マフラーぐらいしか編めないかな。
以前、セーター作ろうとしたことがあります。
セーターの模様は自分でデザインしたんですよ。
全部編んだのですが、どうしてもそれをくっつけることが出来なくって。
だから編み物出来る人尊敬しちゃいます。

2015/11/10 (Tue) 01:20 | 編集 | 返信 |   

ワキ  

マイマイ さん

カナダに居た頃は、防寒が生死を分ける問題だったので、ニットの出番も多かったのですが、カリフォルニアではニットの出番が無いと言っていた嫁ですが、最近急に冷え込んできたので出番が増えそうです。

2015/11/10 (Tue) 13:21 | 編集 | 返信 |   

ワキ  

Sasha さん

う~ん、あまり褒められると調子に乗るんですが、調子に乗ってる嫁も面白いので、もっと褒めてください(笑)!

編み物は、私の母もやっていたのですが、私には何がどうなってあんなモノが編みあがるのか理解できず…。鼻歌交じりにあっと言う間に編み上げていくのですが、一体どうなっているのやら。

2015/11/10 (Tue) 13:24 | 編集 | 返信 |   

コメント大歓迎です