カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

ビーツとビール Creemore Springs Premium Lager (Creemore Springs Brewery)

Creemore Springs Premium Lager

CreemorePremiumLager000.jpg
今宵のビールは、オンタリオの誇る芳醇ラガービール、Creemore Springs BreweryCreemore Springs Premium Lager で行ってみましょう。Creemore Springs Brewery はトロントの北北西の Creemore にあるマイクロブリュワリーで現在は Molson の傘下。urBock (記事)以来の登場。

CreemorePremiumLager001.jpg
トロントにやってきてまず経験するカナディアンビールはラバット・ブルーモルソン・カナディアンリカーズアレクサンダー・キースムースヘッドってところだと思うのですが、まず最初に経験するオンタリオビールといえばスリーマン、その次に多いのがこのCreemoreのラガーではないかと思う。
そしてこれを飲んだ日本人は一様に「うまっ」というのだ。

CreemorePremiumLager002.jpg
アルコール度数5.0%の赤銅色がかった濃い目のハニーゴールドといった感じの色のラガービール。甘めのパンモルトとキャラメルモルトの混じった香り。飲み口はマイルド芳醇ラガービール。クリーミーな感触で、ホップの苦味はあまり主張せず、ハニーっぽさもあるモルトの甘みや、日本人がラガーと効いてイメージするちょい効き目の炭酸などの要素が程よくバランスが取れており、日本人にはとても手の合うラガービールだと思う。常飲用に良いタイプ。

CreemorePremiumLager003.jpg
今日は先日セントローレンスマーケットでゲットしたキャンディビーツ(記事)のカプレーゼでいただきます。嫁がビーツにはまるきっかけになった、このピザ屋さんのランチの前菜に出てきた一品(記事)がお手本。

0 コメント

コメント大歓迎です