カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

はかないカシス Ephemere Black Currant (Unibroue)

Ephemere Black Currant

昨日は良い天気でしたが、今日は雨模様のトロントでしたね。
20100424_000.jpg
土曜の夜のCNタワー。

EPHEMERE_000.jpg
さて大量にビール倉庫に眠っているモントリオール仕込みのケベックビールを先週もちびりちびりと消化していきました。なんて発音するのか分からないんだけど… UnibroueEphemere Black Currant です。どうも英語にしたら ephemeral 「つかの間の」「短命な」とかそういうはかなげな様を表す単語のようです。

EPHEMERE_001.jpg
Black Currant、クロスグリという果物のビールとのことだけど、何?なになに?
調べてみよう

……
フランス語で…カシス!カシスビールか!

このラベル見たときこの黒い粒粒はキャビアだとばっかり思ってました…

EPHEMERE_002.jpg
アルコール度数5.5%の真っ赤なビール。というか、これはビールなのかという赤さ!遠くから見たらレッドアイのようだとも思ったが、カシスビールってだけあってそのままカシスソーダの色だね。もう完全にフルーティです。ビール飲みすぎて麦酒に対して完全に麻痺したオジさんは最初はなんだこのファンタ・フルーツパンチ?と思ったのだけれども、よくよく味わえばなかなかしっかりした味わいのビールである。ビールというかビアカクテルかな。嫁はカシスでフルーティだけどやっぱりこれはムギだね、ビールだね、と言っていたのでビールに麻痺していない人にはしっかりビールの部分が主張しているようだ。
ちょっと珍しいタイプなので MUST TRY! かも。まぁ実際、オジさんもこういうの嫌いではない。蒸し暑い夏の夕暮れに枝豆と一緒にコイツが出てきたら悲しいけど。

EPHEMERE_003.jpg
そんな夜には冷やし中華。写真で見るとただのサラダにしか見えないな…キューカンバーを不倶戴天の敵としているオジさんの冷やし中華には毎度さまざまなキューカンバーの代用品が乗っかっている。本日はオクラ。美味しくいただきました。

0 コメント

コメント大歓迎です