カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

世界の果て La Fin du Monde (Unibroue)

La Fin du Monde

LaFinDuMonde_000.jpg
今宵はまたオンタリオビールではなくケベックビール、描きこまれた絵の楕円ラベルと金・銀でラップされたボトルトップが特長の Unibroue から La Fin du Monde です。

LaFinDuMonde_001.jpg
このビールはトロントのLCBOでも普通に売っていて、オジさんが初めて喰らったケベックビールがこれでした。La Fin du Monde とは英語で The end of the World 世界の果てですね。

LaFinDuMonde_004.jpg
アルコール度数9.0%の攻撃的なビール。色はライトオレンジで、香りは深く吸い込むと甘みの中にスパイシーなシトラスの感覚もあるけれども、基本は甘くマッタリした完熟フルーティイーストモルトの芳香で、あんまり深くシミジミ嗅いでるとクラっとくるから要注意。どうも白ビール系スパイス(オレンジピールとコリアンダー)も投入されているようだね。飲み口はこのアルコール度数にしてはしっかり炭酸も効いていて、苦味はほとんど感じさせず、甘さとストロングアルコールの具合が良い感じ。まったりクリーミィスムーズなんだけど、その飲み口にしてはフィニッシュはコリアンダーなどの酸味成分と炭酸のおかげで結構さっぱりというか。

LaFinDuMonde_002.jpg
で、このビールはベルギー仕込みの triple fermentation 仕込みということだけど「それって何?」と調べてみたら、どうも3回にわけてモルトを投入して発酵させるらしい。この工程のおかげでこの強アルコール度数のビールが出来るというわけだ。さらに澱を濾さずにボトルにつめているので瓶内自然発酵もしているっぽい。

LaFinDuMonde_003.jpg
うーん、なんだかよく分からなくなってきたけど成分や仕込みを考えるとつまりこれは「白ビール系スパイスビールのストロングアルコールエール」というジャンルのビールになるのか。うん、この強アルコールにやられて上手くまとめられないわ(笑)

0 コメント

コメント大歓迎です