カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

ビールを彩る食卓第98 カニ鍋からの雑炊攻撃 

さて、ビールを彩る食卓も第98目に!今回は…

カニ!
カニです!

サンフランシスコの冬の味覚といえば、カニ!ダンジネスクラブですが(記事)(記事)(記事)、今年は近海のダンジネスクラブから猛毒が検出され‥とかでダメっぽいすね。ということで、緑の高級スーパー WholeFoods の冷凍魚介コーナーで嫁が買って来たのは、キングクラブ。アラスカ・キングクラブの脚が4本入ったパックを買って来ました。アラスカ産タラバガニですね。こちらお値段も良心価格でした。カニって、それほど人気ないのかな。

焼きガニにでもする?と言われましたが、「鍋にしようよ!鍋!鍋!」という冬=鍋の短絡的思考のオッサンのリクエストで、カニ鍋に。
20151225_100.jpg
白菜・日本のネギ・エノキというプランで臨んだのですが、みんな鍋とかやっているのか知りませんが、ニジヤマーケットでは東京ネギもエノキも売り切れ!グリーン・オニオンとシメジが代打で登場ではありますが、シメジのフォトジェニックなことといったらないですな。

さて、いただきます。ぐぅ…、上手い。冷凍モノでお値段も安かったのですが、十分な威力でございます。キッチンバサミやカニクラッシャーで空をゴキゴキッっと粉砕して中の身を家族でホジホジ。基本的にビールと汁物というのは微妙な組み合わせではありますが、日本風の鍋というのはビールとの相性も悪く無いですよね。さすがにIPAとかスタウトは無理ですが、ピルスナーとの組み合わせは、まさに日本のザ・忘年会。美味い!

翌日は雑炊。
20151225_101.jpg
たっぷりタラバガニの身が入ったカニ雑炊だなんて、贅沢の極みであります。お父さん、昼から3杯もお代わりする始末。幸せ。

ごちそうさまでした。


0 コメント

コメント大歓迎です