カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家、10年の記録。

神の贈り物 Don de Dieu (Unibroue)

Don de Dieu

DonDeDieu000.jpg
今日のケベックビールは UnibroueDon de Dieu です。Unibroue のビールを始めケベックビールは瓶内自然発酵系ビールが多いのですが、これもその瓶内発酵ベルギー系ストロングビールです。

DonDeDieu001.jpg
Don de Dieu とは英語で Gift of God
このビールの名前とラベルの絵は17世紀フランスの冒険家サミュエル・ド・シャンプラン(Samuel de Champlain)が乗っていた船の名前からきているそうだ。これはかなり豪華なキャラック船だね。ちなみにサミュエル・ド・シャンプランは、ナントの勅令で有名なフランス国王アンリ4世の命に従い、カナダの大西洋岸からセントローレンス川沿岸を探検、ケベック植民地を建設して”ヌーヴェル・フランス(ニューフランス)の父”と呼ばれている探険家。

DonDeDieu002.jpg
La Fin du Monde (記事)と同じくアルコール度数9.0%のストロングエール。色はみてのとおり濁りの入った芳醇なリッチゴールドで、一目で Unibroue ブランドの特徴的なストロング白ビールの仲間だとわかる。香りはかなり強めのシトラスとスパイスのベルジャンヴィットの香り。飲み口はもうそのまんまのストロング白ビールでガツンとくるが、シトラスサワーと青リンゴのようなフルーティさがあってとてもフレッシュ。La Fin du Monde がボディがスウィートで白ビールを琥珀フルーツビールのように太くマッタリとした感があるのに対して、こちらは白ビールのままアルコール度数9.0%まで強くした感じで、芳醇で高級感のある白ビール。

DonDeDieu003.jpg
まぁアルコール度数9.0%なので誰にでもお勧めできるものでもないのだけれども、フルーティ白ビールが好きな人は一度はチャレンジをオススメ!うわぁ、きついけどリッチテイストってこういう感じかなぁという感じ。

0 コメント

コメント大歓迎です