カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

嫁ジグハンガー

さて、最近嫁の中でシルバニアファミリーとともに、小さなブームがきているラバージグ(釣りの仕掛け)作り(記事)。お父さんの晩酌に付き合いながら、せっせと巻いてくれます。

最初に準備してあったジグヘッド(針)は15個。前回半分作って、だいぶコツを掴んだ所で、今回残りの半分も全部完成させました。
20160221_201.jpg
7g〜14gまで。シリコンラバーは6種類くらい用意して、カラーリングは完全に嫁の気分次第。実際色は大切なのかもしれませんが、過去の経験からいくと別に多少色合いがどうだろうとあんまり関係ないような気がします。黒とかクリアとかは、その日の濁りや透明度の具合とかで使う色を決めたりしますが、ラバージグの場合、ジグの大きさやラバーボリュームやトレーラーにつけるワームのほうが釣果に効いている感じかなぁ。

あと自分のジグでの釣りのスタイルは、とにかくじっくり忍耐力で釣る!みたいなスタイルの釣りなので、「この色は絶対に釣れる!」って自分が信じて使いきれる色じゃないとダメで、その範囲だったらなんでもいいのかなと。今回は自分が好きな深緑、紫、青系で揃えたので、次回は青と並んで信頼している赤色系を作ってもらおうかな。

10個以上も出来ちゃったジグの収納ですが、この間家族で手芸店のマイケルズに買い物に行った時に、セール品だったこんなの買っちゃいました。

その名も、嫁ジグハンガー
20160221_200.jpg
えーっと、ネックレスなどのジュエリーをぶら下げておくやつですね(笑)針金でクリップをつくって、ジグをぶら下げてみましたが、これなら塗装後に乾燥させる時や、接着剤の硬化待ちの時のハンガーにも使えます!わーい。

もうすでに幾つかは湖底の岩に挟まってお亡くなりになってしまいましたが、この間釣果も出ましたし(記事)、嫁の創作意欲が盛り上がっているうちにもっと作ってもらおうということで、すでに次回作用のシリコンラバーやジグヘッドは発注済みです。9歳児用のスモラバなんかも作ってみようかな。

2 コメント

炉端家  

良いですネ(笑)
使用後のルアー洗濯にも(^^♪

2016/02/22 (Mon) 23:32 | 返信 |   

ワキ  

炉端家 さん

いまはダイニングの棚の上に、謎のオブジェとして飾られております。私はニヤニヤしながら眺めていますが、知らない人が見たら、何かと思うでしょうねぇ。

2016/02/23 (Tue) 13:56 | 編集 | 返信 |   

コメント大歓迎です