カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

白菜の値段をぼやく

以前も紹介しましたが、我が家でこの所かなり活躍している一人用鍋(記事)。お父さんが夜遅く帰ってきて、一人で遅い晩ご飯を食べる時など、これに鍋を仕込んでおいて熱々にして出してくれたりします。寒い夜に、鍋は嬉しいです。

この日の鍋は、つくね鍋。前日、つくね鍋だったのですが、具材が余ったのでしょう(笑)。具材は、9歳児とお父さんが週末にニジヤで仕入れてきた、鶏のひき肉、白菜、きのこ、ネギなどなど。

20160308_100.jpg
ニジヤで会計が結構なお値段したので、「やっぱりカリフォルニアの物価は、きっついんだねぇ」なんて嫁に話していたら、「そうよ、日本に居た頃は、やっぱ我が家はイオンやいなげやだね。東急ストアは高くて庶民には手がでないわ、な〜んて言ってたけど、今日本に帰ったら、東急良心的〜っ!ってなるわよ(涙)」と。さらに続けて、「白菜が半身なのに3ドルくらいしなかった!?数カ月前は1ドルしなかったよね??ニジヤめ!」と畳み掛けてきました。以前から、「本当のベイエリアセレブ家庭っていうのは、緑の高級スーパーWholeFoodsではなく、ニジヤマーケットで野菜をバカ買いできる人たちのこと。野菜めっちゃ高い…つらい…」と言っていた嫁ですが、そんなニジヤの野菜の中でも白菜だけはお安くて嬉しい一品だったそうなのです。それが、いつのまにか、オーガニックキャベツと肩を並べる値段に!「絶対に、白菜ばっかり売れちゃって、キャベツが全然売れなかったから、キャベツと同じ値段に上げたんだ!(ただの勝手な妄想です(笑))」と憤る嫁(苦笑)。それでも白菜、美味しいから買っちゃうんですけどね…

ごちそうさまでした。

4 コメント

lce2  

冷蔵庫を新調した時、Best Buyの冷蔵庫を片っ端から覗いて、白菜と大根が入るかチェックしました。キムチの国の冷蔵庫は合格でしたよ。(笑)

2016/03/10 (Thu) 15:47 | 返信 |   

RachelBR  

高いですよね、ニジヤ。

お会計が50ドルを下回る事はほとんどありません。大したもの買っていないのに・・・。

2016/03/10 (Thu) 16:04 | 返信 |   

ワキ  

lce2 さん

おー、キムチもカクテキもいけちゃうと(笑)
我が家ではキューリは出禁なので、オイキムチはNGです。

2016/03/11 (Fri) 15:01 | 編集 | 返信 |   

ワキ  

RachelBR さん

高いと言っておいて何ですが、その後「それでもニジヤが近くにある生活って、なんて恵まれた生活だろう…」としみじみ話し合ってしまったり。トロント時代にくらべると、日本食は本当に恵まれています。 

2016/03/11 (Fri) 15:03 | 編集 | 返信 |   

コメント大歓迎です