カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

酸っぱいビール Fruitlands - Apricot (Modern Times Beer)

Fruitlands - Apricot

さて、ビールです。
20160318_100.jpg
こちらは、Modern Times Beer の Fruitlands というビール。

20160318_101.jpg
サンディエゴの Modern Times Beer のビールは、我が家の近所の緑のスーパー WholeFoods が結構推しているようで、結構色々な種類のビールが並んでいます。こちらは、Apricot ということで、あんずのビールですか。杏のビールというと、カナダはケベック州、モントリオールの McAuslan Brewing の St-Ambroise ブランドのビールを思い出します(記事)。あれはアンズの香りのする白ビールでしたが、こちらはどういう感じかな。

20160318_102.jpg
アルコール度数4.8%のにごり目薄々オレンジゴールドのエール。香りはオレンジのようなプラムのような、言われてみればアプリコットか!というような。どこか酸味を感じさせる香りですが、飲んでみると…

!!!!

酸っぱい!

SOURとラベルに書いてあるのですが、ラベルに偽りなし!いやぁ、最初の一口で、目が覚めましたね。すごい。トロント時代に飲んだ、酸っぱいビール思い出しました(記事)。嫌味な酸っぱさではないのですが、果物の爽やかな酸味を、飲兵衛向けにパワフルに仕上げました!みたいな。果実酒というか、果実酢みたいな感じの酸味です。飲み進めていくと、だんだん慣れてきて、悪くないかも!ってなるあたりが飲兵衛の不思議。これはネタとしても、一度試してみる価値ありのビールです。

0 コメント

コメント大歓迎です