カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

ビールを彩る食卓第104 完全ハンドメイド餃子

ビールを彩る食卓第104回目は、餃子。餃子は第26回目にも登場しておりますね(記事)。良いですよね〜、餃子。中華の水餃子や、北中華系の蒸し餃子もいいですが、やはり日本人としては餃子といえば焼き餃子。チャイニーズに行って食べる potsticker (焼き餃子)も良いのですが、、日本の焼き餃子とは少し感じが違うので、家で嫁が作ってくれる焼き餃子がやっぱり一番かな。

そして最近嫁がハマっているのがコチラ。完全ハンドメイド餃子です。餃子の皮から作るのだそうです。
20160325_100.jpg
別に、アメリカだから餃子の皮が手に入りにくいの?だから皮から作っているの?という訳では無く、なんとなく勢いでやってみたら意外と簡単に出来たので、これなら皮買う必要ないじゃん!っていう結論に落ち着いたんだそうです。しかも自分で皮のサイズを調整できるので、9歳児用には「ドリーム餃子」なる超ビッグサイズ餃子を作ってあげたところ、大喜びだったそうで、完全手作り餃子がブームみたい。

お味の方は、皮がモチモチっとして良い感じです。美味しい。市販の皮でパリッと仕上げたヤツもいいですが、この少しもっちりした皮の餃子も良いです。ビールはやっぱり軽めのラガービールとの相性がバッチリで、晩酌がすすんじゃいます。

ごちそうさまでした。

0 コメント

コメント大歓迎です