カリフォルニアの南のほうから 〜オンタリオ湖畔から・第四章

オレンジカウンティに住む家族のブログ。トロント、日本、カリフォルニア(フォスターシティ)、日本、そしてフォスターシティに出戻ってからの、アーバイン。流離うサラリーマン一家。

釣行記録・やっぱりゲーリー様

さて週末釣行の記録ですが…、先週はなんとか先々週のボウズから復活しましたが、今週はどうだろうか、どこに行こうか?どこなら釣れるか?どういう組み立てで行くか?など、脳内でシミュレーションすればするほどに迷いが。しかも土曜日は所要で行けないので、日曜午前中だけの一本勝負。散々迷った挙句、やっぱり先週行った同じ場所に行くことに。
20160403_000.jpg
いつものようにカウチで一人就寝し、家族が起き出す前に家を抜け出します。目指すポイントは、一人しか入れないピンポイントスポット。もし先行者が居れば完全にアウトというギャンブル。ドキドキしながら走ること1時間、ラッキー!ライバル多数も、目指すスポットにはまだ誰も入ってません。

2週間前のボウズで心がオレてから、完全に守りに入っているお父さん、必殺のゲーリーヤマモト様を最初から投入という盤石のスタイル。今年は、脱ゲーリー!もっと釣りの幅を広げるのだ!って誓っていたのに、あっと言う間に「やっぱゲーリーしか信じられない!」みたいになっている意志薄弱っぷり。

この日は、数あるゲーリーのワームの中でも、お気に入りベスト3に入る一品を最初から投入。
20160403_001.jpg
さすがはゲーリー様。数投でお魚さんを運んできてくれました。しかもなかなか良いサイズじゃないですか。

ハマった時のゲーリー様は、釣れるサイズが選ばず、そこにいる魚は片っ端から連れて来てくれる気がします。
20160403_002.jpg
うーん、ちびっ子。

さらにカリフォルニアに来てから一番信頼しているゲーリー様を投入すると、
20160403_003.jpg
ようし、サイズちょっとアップ。こいつはかなり元気で、ギュインギュインと引きました。

そして最後はギリ40cmくらいのフィッシュ。
20160403_004.jpg
プリスポーンの腹パンではなく、スリム体型で長さの割りに1.8ポンドしかなかったですが、大満足のゲーリーヤマモト釣行でした。

クランクベイトも引いてみたのですが、反応なし。フォローにゲーリー入れると、パクっと食べてくるって感じだったのですが、そういうパターンなのかなぁ。

3時間半くらいで、結果7匹。満足な釣行でした。


0 コメント

コメント大歓迎です